岩男海史とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 人名 > タレントデータベース > 岩男海史の意味・解説 

岩男 海史

岩男海史の画像 岩男海史の画像
芸名岩男 海史
芸名フリガナいわお かいし
性別男性
生年月日1991/10/30
星座さそり座
干支未年
出身地東京都
身長174 cm
体重66 kg
URLhttps://alpha-agency.com/artist/iwao/
靴のサイズ27 cm
プロフィール衣装家の両親の元に生まれ幼少より芸能携わる16歳より演劇衣装助手として活動を始め18歳より俳優活動開始演劇団体アヴァンギャルド×コンプレックスの代表。俳優業中心に衣装演劇プロデュースなども手がける。主な出演作は舞台きらめく星座』『赤道の下のマクベス』『THE PILLOWMAN』『さよなら西湖クン』、朗読劇ひめゆり』、映画『世界のどこにでもある、場所』など他多数
代表作品1年2021
代表作品1舞台日本人のへそ
代表作品2年2020
代表作品2舞台投げられやすい石
代表作品3年2019
代表作品3舞台『虎は 井の中に(仮)』
職種俳優女優タレント

» タレントデータバンクはこちら

岩男海史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 04:20 UTC 版)

岩男 海史(いわお かいし、1991年10月30日[2] - )は、日本俳優服飾デザイナー。本名、同じ[3]


注釈

  1. ^ 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大を防止するため、残りの同月28日から3月4日までの公演は中止となった[13]
  2. ^ 12月12日・13日にコンカリーニョでの北海道公演が予定されていたが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染状況から中止となった。
  3. ^ 当初、2月3日から同月13日までの上演が予定されていたが[18]新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大の観点から全公演が中止となった[19]

出典

  1. ^ 岩男 海史”. タレントデータバンク. 2022年5月18日閲覧。
  2. ^ a b 岩男海史のプロフィール・画像・写真”. ザテレビジョン. 2022年5月18日閲覧。
  3. ^ a b 本名です”いわおかいし”【岩男海史インタビュー】”. アヴァンギャルド×コンプレックス. 2022年5月18日閲覧。
  4. ^ ““命を着こなす” 新アパレルブランド『G271』誕生” (プレスリリース), 有限会社ダダグラム, (2022年3月17日), https://www.atpress.ne.jp/news/300268 2022年5月18日閲覧。 
  5. ^ 岩男海史”. アヴァンギャルド×コンプレックス. 2022年5月18日閲覧。
  6. ^ 岩男海史 IWAO KAISHI”. アルファエージェンシー. 2022年5月18日閲覧。
  7. ^ a b 修了生の活躍”. 新国立劇場 演劇研修所. 2022年5月18日閲覧。
  8. ^ a b 登場人物 平 知盛 (岩男 海史)”. 2022年4月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年5月18日閲覧。
  9. ^ “こまつ座120回記念公演「きらめく星座」秋山菜津子が再登場”. ステージナタリー (ナターシャ). (2017年7月13日). https://natalie.mu/stage/news/240642 2022年5月18日閲覧。 
  10. ^ “こまつ座「日本人のへそ」に井上芳雄、小池栄子、朝海ひかる、山西惇ら”. ステージナタリー (ナターシャ). (2020年10月9日). https://natalie.mu/stage/news/399891 2022年5月18日閲覧。 
  11. ^ “和田憲明が若手俳優と蓬莱竜太「さよなら西湖クン」に挑戦”. ステージナタリー (ナターシャ). (2019年8月12日). https://natalie.mu/stage/news/343365 2022年5月18日閲覧。 
  12. ^ “鄭義信作・監修「COUPLES 冬のサボテン」上演、作曲は中村中”. ステージナタリー (ナターシャ). (2019年10月29日). https://natalie.mu/stage/news/353258 2022年5月18日閲覧。 
  13. ^ “「泣くロミオと怒るジュリエット」ほかBunkamura主催公演が中止に”. ステージナタリー (ナターシャ). (2020年2月27日). https://natalie.mu/stage/news/368916 2022年5月18日閲覧。 
  14. ^ “二十・三十代の俳優たちが立ち上げる、ハイバイ「投げられやすい石」開幕”. ステージナタリー (ナターシャ). (2019年11月18日). https://natalie.mu/stage/news/405132 2022年5月18日閲覧。 
  15. ^ “「いきなり本読み!」第5回、今回は岩井秀人の過去作をゆかりの面々で“本読み””. ステージナタリー (ナターシャ). (2021年5月9日). https://natalie.mu/stage/news/427493 2022年5月18日閲覧。 
  16. ^ “岩井秀人が「志賀廣太郎さんに恩返しのつもりで書いた台本」を“いきなり本読み!””. ステージナタリー (ナターシャ). (2021年5月16日). https://natalie.mu/stage/news/428016 2022年5月18日閲覧。 
  17. ^ “安部公房「友達」を加藤拓也が立ち上げる、出演に鈴木浩介・有村架純・林遣都・浅野和之ら”. ステージナタリー (ナターシャ). (2021年5月19日). https://natalie.mu/stage/news/428694 2022年5月18日閲覧。 
  18. ^ “Makino Play第2弾「モンローによろしく」のキャスト解禁、財木琢磨・那須凜らが出演”. ステージナタリー (ナターシャ). (2021年11月12日). https://natalie.mu/stage/news/453163 2022年5月18日閲覧。 
  19. ^ “Makino Play第2弾「モンローによろしく」全公演中止”. ステージナタリー (ナターシャ). (2022年2月9日). https://natalie.mu/stage/news/465115 2022年5月18日閲覧。 
  20. ^ “Makino Play第2弾「モンローによろしく」舞台映像の配信決定”. ステージナタリー (ナターシャ). (2022年2月10日). https://natalie.mu/stage/news/465185 2022年5月18日閲覧。 
  21. ^ “「奇蹟 miracle one-way ticket」の初日が延期に”. ステージナタリー (ナターシャ). (2022年2月26日). https://natalie.mu/stage/news/467294 2022年5月18日閲覧。 
  22. ^ “北村想の新作で井上芳雄が名探偵に!「奇蹟 miracle one-way ticket」上演決定”. ステージナタリー (ナターシャ). (2021年9月9日). https://natalie.mu/stage/news/444454 2022年5月18日閲覧。 
  23. ^ “2チームで送る井上裕朗演出「The Pride」出演者に荒木健太朗・池田努ら”. ステージナタリー (ナターシャ). (2022年4月28日). https://natalie.mu/stage/news/475761 2022年5月18日閲覧。 
  24. ^ “渡辺謙主演ドラマ「逃亡者」に三浦翔平、稲森いずみ、夏川結衣、余貴美子らが出演決定”. ザテレビジョン. (2020年11月4日). https://thetv.jp/news/detail/1009546/ 2022年5月18日閲覧。 
  25. ^ “「ナンバMG5」剛&関口くんの友情が泣ける!岩男海史の演技が凄すぎた”. シネマトゥデイ. (2022年5月12日). https://www.cinematoday.jp/news/N0130077 2022年5月18日閲覧。 


「岩男海史」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

岩男海史のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



岩男海史のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2022 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの岩男海史 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS