宝達山水源の森とは?

宝達山水源の森

宝達山水源の森 宝達山水源の森

1.森林状況
面積:500ha
標高500〜637m
森林種類人工林50%、天然林50%
主な樹種スギブナミズナラコナラシデオニグルミ針葉樹65%、広葉樹35%)
林齢45年
制限指定
水源かん養保安林 明治33年
保健保安林 昭和58年
2.水源状況
種類流水宝達川
利用状況簡易水道69222人、農業用水210戸 308ha、生活用水100400
水源流量129,000m3/日
3.地域概況
能登半島付け根にあり、能登最高峰である宝達山源流とする宝達川流域で、下流域に水道水農業用水等を供給しています。
宝達山花崗岩風化したもろい地質で、昔は下流田畑土砂埋没したこともあり、宝達川は「天井川」となっています。このため明治以降森林伐採禁止し、治山事業等により土砂流出防止水源かん養を図ってきました。
山頂からの眺望すばらしく晴れた日には、遠く白山立山連峰を望むことができますまた、「山の龍宮城」と呼ばれている休憩施設遊歩道等が整備されており森林レクレーションや自然教育の場として利用されています。
所在地石川県羽咋郡押水町宝達
4.アクセス
列車JR七尾線宝達駅下車タクシー20分で山頂、またはタクシー5分で登山口到着徒歩時間山頂。車:能登有料道路今浜IC」から30分 
問い合わせ先押水町役場 0767-28-3111



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「宝達山水源の森」の関連用語

宝達山水源の森のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



宝達山水源の森のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
林野庁林野庁
Copyright:2019 The Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries of Japan

©2019 Weblio RSS