奥裾花とは?

奥裾花

奥裾花

奥裾花

1.森林状況
面積:2,130ha
標高:1,000 〜1,500m
森林種類人工林40% 天然林60%
主な樹種トウヒシラビソスギカラマツブナミズナラ針葉樹40% 広葉樹60%)
林齢10124年
制限指定
水源かん養保安林 明治30年
2.水源状況 
種類湧き水大清水)、流水裾花川)、ダム貯水裾花ダム奧裾花ダム
利用状況水道 680戸 1,995人、農業用水 200戸 300ha、生活用水100300人長野市の上水道供給人工76%)
水源流量:(大清水水源)780m3/日、(奧裾花ダム30,000m3/日
3.地域概況
 奥裾花は、全国でも有数ブナ原生林があり、昔から人の手が入ることなく多く動植物安住の地になっており、多く野生鳥獣清流にはイワナ生息しています
 奥裾花にある2つの水源のうち、一つ大清水水源呼ばれる裾花川支流湧き水で、水質がよく水量も豊富で鬼無里村水道水農業生活用水として利用されています。もう一つ裾花川源流で、「日本の自然百選」にも選ばれた奥裾花渓谷を滝となり瀬となり、美し渓谷美をつくり出す清流として流れた後、下流域の長野市36万人水道水として供給されています。
 さらに、奥裾花には水飲み場といわれる沢、奇岩千畳敷幻夢洞等の奇勝地が数多く見られます。昭和39年にはミズバショウ大群生地発見され、大切に守られています。
 この奥裾花一帯は現在、林道整備により春の新緑から秋の紅にかけて豊かな自然とのふれあい求め多く観光客訪れています。
所在地長野県上水内郡鬼無里村大字おさで入
4.アクセス 
 列車JR信越本線長野駅下車鬼無里行きバス乗り換え鬼無里下車タクシー30分で奥裾花自然公園(4〜6月長野駅からの直通バスあり)
  車:上信越自動車道長野IC」から1時間40
問い合わせ先鬼無里村役場 026-256-2211

奥裾花自然園

(奥裾花 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/05/22 15:10 UTC 版)

奥裾花自然園(おくすそばなしぜんえん)は、長野県長野市鬼無里(旧鬼無里(きなさ)村)の、裾花川上流域にある、ブナ林に囲まれた自然公園。大小5つのおよび湿原と水路から成る。自生するミズバショウの本数は尾瀬を上回る81万本であり、本州随一。日本の秘境100選のひとつ。




「奥裾花自然園」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「奥裾花」の関連用語

奥裾花のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

利賀ふれあいの森

愛知県民の森

西教山水源の森

十種ヶ峰水源の森

与保呂水源の森

高原山水源の森

宝達山水源の森

奥裾花





奥裾花のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
林野庁林野庁
Copyright:2017 The Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries of Japan
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの奥裾花自然園 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS