ボランティア休暇とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > システム > 制度 > ボランティア休暇の意味・解説 

ボランティア休暇

読み方:ボランティアきゅうか
別名:ボランティア休職ボランティア休業

会社員公務員などのボランティア活動への参加支援するために、休暇休職認め制度のこと。企業設け特別休暇制度1つ

「ボランティア休暇」は、有給休暇、あるいは、有給休職である場合が多い。厚生労働省調査発表した「平成19年就労条件総合調査結果概況によれば、「ボランティア休暇」を導入している企業のうち、69.4%が賃金全額を、7.7%が賃金一部それぞれ支給しているとされる一方無給は22.9%だった。また、「ボランティア休暇」を採用している企業は、従業員数が1,000人を超える企業では17.7%、300999人では6.6%、100299人では3.3%、3099人では1.8%という結果発表されている。

「ボランティア休暇」は法律規定されていないそのため制度導入している企業団体それぞれボランティア活動内容や期間などを規定している。期間はおおよそ年間5日から10日程度するところが多い。北九州市では、2011年3月発生した東日本大震災を受けて、職員の「ボランティア休暇」を現行の5日から10日拡充する特例措置設けた。なお、期間が1ヶ月以上に及ぶ場合には「ボランティア休職」と呼ぶ場合がある。

ちなみに内閣府の「阪神・淡路大震災教訓情報資料集によれば1995年発生した阪神・淡路大震災において、「ボランティア休暇」の制度があったことで迅速な対応が可能だった例があったとされる。

なお、企業設け特別休暇制度には、「ボランティア休暇」の他に、「夏季休暇」、「病気休暇」、「リフレッシュ休暇」、「教育訓練休暇」などが挙げられる。

関連サイト
平成19年就労条件総合調査結果の概況 - 厚生労働省
阪神・淡路大震災教訓情報資料集 - 内閣府

ボランティアきゅうか -きう- [6]ボランティア休暇


ボランティア休暇

「ボランティア休暇」とは、企業従業員ボランティア活動への参加支援奨励する目的で、有給休暇休職認め制度のことです。1990年代はじめから労働時間短縮流れ企業対す社会貢献要請の高まりをうけて、制度設け企業急増95年阪神・淡路大震災における市民ボランティア大活躍をきっかけに、各自治体の公務員にも同様の制度導入する動き広がりました。



ボランティア休暇と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ボランティア休暇」の関連用語

ボランティア休暇のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ボランティア休暇のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日本の人事部日本の人事部
Copyright © 2004- 2020 i.Q. Co., Ltd. All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS