トンデモとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > トンデモの意味・解説 

トンデモ

別表記:とんでも

とんでもない」から派生した表現で、現実常識から逸脱した趣旨内容荒唐無稽な主張などを含むものを指す語。「トンデモ本」「トンデモ説」「トンデモ物件」のように、接頭辞的に名詞に付けて用いられることが多い。

と学会提唱したトンデモ本」が「トンデモ」表現端緒とされる

トンデモ本

(トンデモ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/15 03:41 UTC 版)

トンデモ本(トンデモぼん)とは、藤倉珊が「余桁分彌(よけた ぶんや)」の筆名[1]で発表した一連のエッセイ[2]で提唱した概念


  1. ^ 『日本SFこてん古典』の作者、SF作家横田順彌の名のもじり
  2. ^ 後に『日本SFごでん誤伝』 TDSF、1989年 に収録
  3. ^ と学会(編)『と学会白書 Vol.1』イーハトーヴ出版、1997年.


「トンデモ本」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

トンデモのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



トンデモのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのトンデモ本 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS