デジタルミュージアムとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > デジタルミュージアムの意味・解説 

デジタル‐ミュージアム【digital museum】


デジタルミュージアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/30 04:35 UTC 版)

日本大学図書館」の記事における「デジタルミュージアム」の解説

総合学術情報センターでは、「総合図書館時代からの様々な貴重資料所蔵している。デジタルミュージアムでは、総合学術情報センターだけでなく、学内所蔵資料WEB上で公開している。 総合学術情報センター歌舞伎番付デジタルアーカイブ - 顔見せ、絵尽、錦絵冊子江戸時代歌舞伎中心とした演劇関係資料データベース法学部著名学者書簡コレクション(the famous scholar’s letter collection) - 17世紀から19世紀著名な思想家学者8名の自筆書簡手稿類のデジタル化資料文理学日本語日本文学デジタルアーカイブ - 古典籍資料及び近現代演劇資料の内5点研究対象にしたデータベース芸術学部Ovid's Metamorphoses - 古代ローマ作家オウィディウス著作のうち、日本大学所蔵16世紀から17世紀図書2点研究対象にしたデータベースフランス19世紀同時代人ギャラリー - フランス19世紀画家音楽家文筆家俳優政治家、軍人聖職者240人に及ぶ人物の評伝肖像写真手記作品複製写真等から構成され写真集

※この「デジタルミュージアム」の解説は、「日本大学図書館」の解説の一部です。
「デジタルミュージアム」を含む「日本大学図書館」の記事については、「日本大学図書館」の概要を参照ください。


デジタル・ミュージアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/05 23:57 UTC 版)

國學院大學博物館」の記事における「デジタル・ミュージアム」の解説

デジタル・ミュージアムは、國學院大學における研究成果学内外で研究・教育利用できるようにすることを目的に、研究者学生一般までの幅広い利用者想定して作られ様々なデータベース集合体各種学術データベースオンライン事典デジタル・ライブラリーなどを含む)である。英語や韓国語など日本語以外の言語利用できるデータベース含み個別データベース管理運営担当者との協力のもと、大学の研究開発推進機構日本文化研究所総合プロジェクト中心となって運営している。 國學院大學デジタル・ミュージアム

※この「デジタル・ミュージアム」の解説は、「國學院大學博物館」の解説の一部です。
「デジタル・ミュージアム」を含む「國學院大學博物館」の記事については、「國學院大學博物館」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「デジタルミュージアム」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「デジタルミュージアム」の関連用語

デジタルミュージアムのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



デジタルミュージアムのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの日本大学図書館 (改訂履歴)、國學院大學博物館 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS