グルービング工法とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 工事 > 工法 > グルービング工法の意味・解説 

グルービング工法

概要
 グルービング工法は、専用の6~9mm深さ4~6mmの溝を40~60mm間隔で用いることが多く切削には多数のダイヤモン施工機械を用い舗装路面複数の溝を切り、その溝に路面排水を流すことによって舗装路面のすべり抵抗増大させる工法です。一般に幅ドカッタを装備した専用切断機械を用います。
 グルービング工法には車両進行方向沿って設置する縦型と、横断方向設置する横型があります
縦型のグルービングは、主に横方向のすべり抵抗値増大させる必要のあるカーブの多い路面に用いられます。
 横型のグルービングは、主に車両制動距離短縮することに優れた効果があり、坂道交差点の手前などに用いられます。また、横型のグルービング走行時に発生する音と振動により、ドライバー合図居眠り運転速度超過などの警告行なうことができます
特徴
● 排水促進し、早く路面を乾かします
● 路面排水速やかに行うことによりスリップ防止します
● 縦型の溝は遠心力防止効果があり、コーナリング時の
  操縦安定効果発揮します
● 横型の溝は坂道などでのブレーキ効果促進します
用途適用箇所
● 急勾配交差点の手前、橋上急カーブなどすべり抵抗
  性および排水性が要求される箇所
● 空港滑走路


グルービング工法

グルービング工法





グルービング工法

舗装路面に幅3~6mm、深さ3~4mmの溝を15~25mmの間隔で、通常道路延長方向切断し、排水良くすることにより、ハイドロプレーニング現象発生防ぎ路面すべり抵抗性高め工法切削には、多数のダイヤモンドカッタを装備した専用切削機械を用いる。


グルービング工法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/30 01:19 UTC 版)

グルービング工法(グルービングこうほう)は、道路の路面に溝を刻む工法。大きく分けて、進行方向と平行に溝を掘るもの(縦溝)と、直角に溝を掘るもの(横溝)の2つの方法がある。 砂などの小さな異物はこの溝に落ちる事があり、スリップの危険性やパンク、また雨によるハイドロプレーニング現象の可能性を低下させる。 交通量の多い場所では早期に溝が潰れてしまい効果が期待できないため、施工されないことがある。




「グルービング工法」の続きの解説一覧





グルービング工法と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「グルービング工法」の関連用語

グルービング工法のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

大粒径アスファルト混合物

半たわみ性舗装

真空コンクリート舗装

車道透水性舗装

路上路盤再生工法

物理系凍結抑制舗装弾性材圧入型

ゴムブロック舗装

薄層コンクリート工法





グルービング工法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
社団法人日本道路舗装建設業協会社団法人日本道路舗装建設業協会
Copyright (C) 2018 社団法人日本道路舗装建設業協会 All rights reserved.
建機プロ建機プロ
Copyright (c) 2018 SHIN CATERPILLAR MITSUBISHI LTD.All rights reserved.
キャタピラージャパン建機プロ -次世代の砕石業研究会-
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのグルービング工法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS