圧入工法とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 工事 > 工法 > 圧入工法の意味・解説 

圧入工法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/11 22:39 UTC 版)

圧入工法(あつにゅうこうほう)とは、建設工事や土木工事において杭の打ち抜きの際に、すでに地中に押し込まれた杭を数本つかみ、その引抜抵抗力を反力として次の杭を油圧による静荷重で地中に押し込んでいく工法である。圧入工法では、振動や騒音といった建設公害を発生せず、既に打ち込まれた完成杭から反力を得るため、圧入機本体の自重が必要なく、施工機械の軽量・コンパクト化が図れる。そのため様々な現場環境への適用が可能となっている。




「圧入工法」の続きの解説一覧



圧入工法と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「圧入工法」の関連用語

圧入工法のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



圧入工法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの圧入工法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS