カタハとは?

Weblio 辞書 > 生物 > 魚図鑑 > カタハの意味・解説 

ハタハタ

学名Arctoscopus japonicus 英名:Japanese sandfish
地方名オキアジ、カタハ、シロハタ 
脊椎動物門硬骨魚綱スズキ目ハタハタ科
色 形 長崎・日本・世界 住みか 3D

※出典:長崎県水産部ホームページ
著作権:尼岡 邦夫 生態写真はこちら

特徴
大陸棚生息し、日没時明け方にヨコエビ類やオキアミ類などのエサを活発にとるが、その時以外は砂の中に半分埋め隠れている。沿岸長い海藻茂り広い砂地があるところを好む。地域により差があるもののだいたいが急に水温が下がる冬の早朝産卵が始まる。卵はホンダワラアカモクなどの海藻の下に付着する。稚魚小動物プランクトンを食べ、成長するにしたがって沖合いに移動していく。独特の風味を持つ肉には適度な脂肪があり東北地方好んで食べられ、冬が旬である。ハタハタを使ったしょっつる鍋は秋田県名物として有名である。江戸時代ブリ代用品として使われたことから卵はブリコと呼ばれ鍋の具、粕漬けにするとおいしい。漁獲量徐々に減少している。

分布:宮城県以北太平洋岸、日本海オホーツク海北太平洋 大きさ:30cm
漁法:底引き網定置網刺し網 食べ方:鍋の具、粕漬け


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「カタハ」の関連用語

カタハのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



カタハのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
長崎県水産部長崎県水産部
Copyright © Nagasaki Pref. Japan.

©2020 Weblio RSS