Arctoscopus japonicusとは?

Weblio 辞書 > 生物 > 魚図鑑 > Arctoscopus japonicusの意味・解説 

ハタハタ

学名Arctoscopus japonicus 英名:Japanese sandfish
地方名オキアジカタハシロハタ 
脊椎動物門硬骨魚綱スズキ目ハタハタ科
色 形 長崎・日本・世界 住みか 3D

※出典:長崎県水産部ホームページ
著作権:尼岡 邦夫 生態写真はこちら

特徴
大陸棚生息し、日没時明け方にヨコエビ類やオキアミ類などのエサを活発にとるが、その時以外は砂の中に半分埋め隠れている。沿岸長い海藻茂り広い砂地があるところを好む。地域により差があるもののだいたいが急に水温が下がる冬の早朝産卵が始まる。卵はホンダワラアカモクなどの海藻の下に付着する。稚魚小動物プランクトンを食べ、成長するにしたがって沖合いに移動していく。独特の風味を持つ肉には適度な脂肪があり東北地方好んで食べられ、冬が旬である。ハタハタを使ったしょっつる鍋は秋田県名物として有名である。江戸時代ブリ代用品として使われたことから卵はブリコと呼ばれ鍋の具、粕漬けにするとおいしい。漁獲量徐々に減少している。

分布:宮城県以北太平洋岸、日本海オホーツク海北太平洋 大きさ:30cm
漁法:底引き網定置網刺し網 食べ方:鍋の具、粕漬け

神鳴魚

読み方:ハタハタ(hatahata)

ハタハタ科海水魚

学名 Arctoscopus japonicus


雷魚

読み方:カミナリウオ(kaminariuo)

ハタハタ科海水魚

学名 Arctoscopus japonicus


読み方:ハタハタ(hatahata)

ハタハタ科海水魚

学名 Arctoscopus japonicus


ハタハタ

(Arctoscopus japonicus から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/30 22:49 UTC 版)

ハタハタArctoscopus japonicus、鰰、鱩、雷魚、燭魚、英名:Sailfin sandfish)は、スズキ目に属するの一種。別名カミナリウオシロハタなど。




「ハタハタ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Arctoscopus japonicus」の関連用語

Arctoscopus japonicusのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



Arctoscopus japonicusのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
長崎県水産部長崎県水産部
Copyright © Nagasaki Pref. Japan.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
文部科学省文部科学省
食品成分値は文部科学省科学技術・学術審議会資源調査分科会報告「五訂増補 日本食品標準成分表」、 科学技術庁資源調査会編「改訂日本食品アミノ酸組成表」によります。 食品成分値を複製又は転載する場合は事前に文部科学省への許可申請もしくは届け出が必要となる場合があります。 連絡先:文部科学省科学技術・学術政策局政策課資源室 電話(03)5253-4111(代)
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのハタハタ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS