オール・アバウト・マイ・マザーとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > オール・アバウト・マイ・マザーの意味・解説 

オール・アバウト・マイ・マザー

原題:All About My Mother
製作国:スペイン
製作年:1999
配給:ギャガ・コミュニケーションズ東京テアトル配給(東京テアトル博報堂ギャガ・コミュニケーションズ提供)
スタッフ
監督:Pedro Almodovar ペドロ・アルモドバル
製作:Agustin Almodovar アグスティン・アルモドバル
脚本:Pedro Almodovar ペドロ・アルモドバル
撮影:Affonso Beato アフォンソ・ビート
音楽:Alberto Iglesias アルベルト・イグレシアス
美術:Antxon Gomez アンチョン・ゴメス
編集:Jose Salcedo ホセ・サルセド
衣装(デザイン):Sabine Daigeler サビーヌ・デグレ

Jose Maria De Cossio ホセ・マリア・デ・コシオ
字幕:松浦美奈 マツウラミナ
キャスト(役名
Cecilia Roth セシリア・ロス (Manuela
Marisa Paredes マリサ・パレデス (Huma Rojo
Candela Pena カンデラ・ベニャ (Nina
Antonia San Juan アントニア・サン・ファン (La Agrado)
Penelope Cruz ペネロペ・クルス (Hermana Rosa
解説
様々な人生生きる女たちの姿を描く人間ドラマ監督・脚本は「ライブ・フレッシュ」のペドロ・アルモドバル撮影は「ライブ・フレッシュ」のアフォンソ・ベアト。音楽は「愛よりも非情」のアルベルト・イグレシアス美術は「ライブ・フレッシュ」のアンチョン・ゴメス出演は「グロリア憂鬱」のセシリア・ロス、「ハイロー・カントリー」のペネロペ・クルス、「ライフ・イズ・ビューティフル」のマリサ・パレデスほか。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されいますのでご注意ください
マヌエラセシリア・ロス)は、女手ひとつで息子育てた。だがある日大女優ウマ・ロッホ(マリサ・パレデス)にサインもらおう道路飛び出した息子交通事故死亡息子の死別れた夫に知らせようマドリードからバルセロナ来たマヌエラは、ふとしたことからウマ付き人になる。同時に妊娠したシスター・ロサ(ペネロペ・クルス)と同居を始める。ロサは実はマヌエラ元夫の子どもを妊娠していたのだ。赤ん坊生まれるが、エイズ感染していたロサは死ぬ。葬式の席で、すっかりゲイになった夫に再会し息子のことを話すマヌエラロサ母親赤ん坊エイズ感染していることを恐れるので、新し息子を守るため彼女は再びマドリードに戻る。数年後エイズウイルス克服した子どもを連れ、またバルセロナやってくるマヌエラ今度の旅は希望に満ちた旅だった

オール・アバウト・マイ・マザー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/07 06:25 UTC 版)

オール・アバウト・マイ・マザー』(原題:Todo sobre mi madre, 英題:All About My Mother)は、1999年製作のスペイン映画である。ペドロ・アルモドバル監督・脚本。




「オール・アバウト・マイ・マザー」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「オール・アバウト・マイ・マザー」の関連用語

オール・アバウト・マイ・マザーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



オール・アバウト・マイ・マザーのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのオール・アバウト・マイ・マザー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS