ぼくのバラ色の人生とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > ぼくのバラ色の人生の意味・解説 

ぼくのバラ色の人生

原題:Ma vie en rose
製作国:フランス
製作年:1998
配給:ギャガ・コミュニケーションズ配給
スタッフ
監督:Alain Berliner アラン・ベルリネール
製作:Carole Scotta キャロル・スコット
脚本:Alain Berliner アラン・ベルリネール

Chris van der Stappen クリス・ヴァン・デル・スタッペン
撮影:Yves Cape イヴ・カープ
音楽:Dominique Dalcan ドミニク・ダルカン
字幕:松浦美奈 マツウラミナ
キャスト(役名
Georges Du Fresne ジョルジャ・デ・フレネ (Ludovic
Jean Philippe Ecoffey ジャン・フィリップ・エコフェ (Pierre
Michele Laroque ミシェル・ラロック (Hanna
Helene Vincent エレーヌ・ヴァンサン (Elisabeth
Daniel Hanssens ダニエル・アンセンス (Albert
解説
女の子になることを夢見る少年の姿を描いたハートフル・ロマン。監督本作デビューしたベルギー新鋭アラン・ベルリネールで、脚本は彼とクリス・ヴァン・デル・スタッペン撮影イヴ・カープ音楽ドミニク・ダルカン出演新人ジョルジュ・デ・フレネ、「王妃マルゴ」のジャン=フィリップ・エコフェ、「だれも私を愛さない!」のミシェール・ラロックほか。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
7歳の男の子リュドヴィックことリュド(ジョルジュ・デ・フレネ)の夢は女の子になること。スカートをはいてお人形さん遊び、いつか好きな男の子結婚するのだ。そんな無邪気リュドだが、周囲奇異な目で見つめ、やがて拒絶するようになる。しかし、ピエールジャン=フィリップ・エコフェ)とアンナ(ミシェール・ラロック)の両親だけは、そんなわが子の理解につとめ、世間の冷たい目から守り抜こうとするのだった

ぼくのバラ色の人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/05/14 04:00 UTC 版)

ぼくのバラ色の人生』(Ma vie en rose)は1997年フランスベルギーイギリス合作映画。 1997年 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭 グランプリ受賞。




「ぼくのバラ色の人生」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ぼくのバラ色の人生」の関連用語

ぼくのバラ色の人生のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

柱石

山王鳥居

カンパリ・トニック

泉谷

周辺監視区域

アカハシハジロ

岩木川右岸用水

落花生油





ぼくのバラ色の人生のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのぼくのバラ色の人生 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS