アサヒガニとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 魚類 > > アサヒガニの意味・解説 

アサヒガニ

学名Ranina ranina 英名:Red flog clab
地方名: 
節足動物門甲殻綱十脚目−アサヒガニ科
色 形 長崎・日本・世界 住みか

※出典:長崎県水産部ホームページ

特徴
アサヒガニの甲は左右弱く湾曲し、表面は前を向いた平たい小におおわれている。はさみは大きく平たくて、工具スパナのような形をしている。歩脚はすべて平たく、砂に潜るのに適している。また、お腹を完全に折りたたむことができない水深30〜50mの砂底にすみ、肉量は多く白身で味は淡泊である。各国食用とされ、養殖取り組んでいるがまだ成功いたっていない。

分布:相模湾以南インド洋西部 大きさ:11cm
漁法:  食べ方:塩ゆで

旭蟹

読み方:アサヒガニ(asahigani)

アサヒガニ科の食用ガニ

学名 Ranina ranina


朝日蟹

読み方:アサヒガニ(asahigani)

アサヒガニ科の食用ガニ

学名 Ranina ranina


アサヒガニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/07/20 13:42 UTC 版)

アサヒガニ(朝日蟹、旭蟹)、学名 Ranina ranina は、十脚目アサヒガニ科に分類されるカニの一種。インド太平洋の温暖な海域に分布する大型のカニで、食用とされる。分類上は1種のみでアサヒガニ属 Ranina を構成する。




「アサヒガニ」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アサヒガニ」の関連用語

アサヒガニのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



アサヒガニのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
長崎県水産部長崎県水産部
Copyright © Nagasaki Pref. Japan.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアサヒガニ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS