かつらの千年水とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 食べ物 > 食品 > 日本の名水 > かつらの千年水の意味・解説 

かつらの千年水(かつらのせんねんすい)

湧水 兵庫県美方郡香美町

名水画像
位置情報

周辺の自然環境
氷ノ山後山那岐山国定公園内の瀞川平のほぼ中心部に位置し、多様な動植物生息している。樹齢千年の大カツラ根元から大量湧き出す様は大変珍しく、流域集落の生活水農業用水として利用されている。
利用状況
農業用水として広く供給されているほか、流域集落住民収穫した農作物を洗ったりする等、生活用水としても利用されている。
一方飲料水として販売したり、使用した商品コーヒーしょう油等)も開発されている。

水質・水量
1日の湧水量:5,000トン
由来・歴史
但馬高原植物園内に縄文時代住居跡が出土保護している。
 兵庫県指定天然記念物である「和池の大カツラ」は樹齢1000年以上、主幹太さ3m樹叢10数本に囲まれ、湧水を見守っている。

水質保全活動
本湧水から流域へ続く水路園内を通ることから、但馬高原植物園職員水路清掃除草作業等を行い保全活動努めている。
また、水質維持する上で水源より上部トイレ観光施設等の施設建設ないよう呼びかけ洗剤や処理等による水質汚濁を起こさないようにしている。

アクセス
鉄道バスでお越し場合
■ JR八鹿駅下車村岡・秋岡・湯村方面行きバスハチ北口下車タクシー10

お問い合わせ
但馬高原植物園 瀞川平
〒 667-1347
兵庫県美方郡香美町村岡区和池709
TEL : 0796-96-1187
http://www3.ocn.ne.jp/~katsura/

アクセスマップ
アクセスマップ図

瀞川平

(かつらの千年水 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/25 05:13 UTC 版)

瀞川平(とろかわたいら)は兵庫県美方郡香美町瀞川山中腹、標高700mに位置する高原。兵庫県観光百選第1位[1]に選ばれる自然景勝地である。




「瀞川平」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「かつらの千年水」の関連用語

かつらの千年水のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



かつらの千年水のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
環境省環境省
Copyright © 2021 Kankyosho All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの瀞川平 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS