領家変成帯 領家変成帯の概要

領家変成帯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/12/07 08:38 UTC 版)

名称は、静岡県を流れる天竜川の支流水窪川沿いの地名、奥領家(浜松市天竜区水窪町奥領家)を由来とする。領家帯とも呼ばれる。

目次

分布

長野県南部から九州まで続く。

成り立ち

中生代ジュラ紀に大陸縁の海溝で付加された付加体が、白亜紀に発生した古期領家花崗岩マグマの大規模な上昇による片麻岩変成している。領家変成帯と三波川変成帯は同じジュラ紀の付加体で、白亜紀にそれぞれ異なる変成を受けた。三波川変成帯は海洋プレートの沈み込む低温高圧の条件で変成を受け、領家変成帯はマグマの上昇に伴い発生した高温低圧の条件で変成を受けた対の変成帯で、中央構造線の大規模な断層活動で互いに水平距離で60㎞、上下距離で20㎞離れていた領家変成帯と三波川変成帯が接するようになった。

参考文献

この節は執筆の途中です この節は執筆中です。加筆、訂正して下さる協力者を求めています

関連項目

外部リンク






「領家変成帯」の続きの解説一覧





領家変成帯と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

領家変成帯に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「領家変成帯」の関連用語

領家変成帯のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

東丹沢県民の森

十字石

骨盤

クロスステッチ用布地

毛知比神社

デイノニクス・アンティルロプス

ロングライン型

三棚





領家変成帯のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの領家変成帯 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS