泰安洋行 泰安洋行の概要

泰安洋行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/03/11 20:10 UTC 版)

泰安洋行
Bon Voyage co.
細野晴臣スタジオ・アルバム
リリース 1976年7月25日
録音 クラウン・スタジオ
ジャンル ロック
レーベル PANAMCROWN
プロデュース 細野晴臣
細野晴臣 年表
トロピカル・ダンディー
1975年
泰安洋行
1976年
はらいそ
1978年

概要

  • レコーディングは1976年4月11日から始まった。
  • 前作『トロピカル・ダンディー』と本作、アルファレコードから発表された『はらいそ』の3作はトロピカル三部作と呼ばれている。
  • 細野はこのアルバムを「チャンキー・サウンド」とよんでいる(ニューオリンズに惹かれていた細野が、その地の「ごった煮料理ガンボ」にあたるものを探し、チャンコ鍋を思いつき、そこに「ファンキー」をかけたもの)[1]
  • 本作もティン・パン・アレーのメンバーである鈴木茂林立夫などが参加している。
  • 「泰安洋行」というタイトルは1976年当時、ティン・パン・アレーのツアー「ファースト&ラスト・コンサート・ツアー」の時、長崎県にあった雑貨店「泰安洋行」から。

収録曲

SIDE A

  1. 蝶々-San
    作詞・作曲・編曲:細野晴臣
    途中で入る船長さんの声の「山下よた郎」とは山下達郎のこと。
  2. 香港Blues
    作詞・作曲:ホーギー・カーマイケル、編曲:細野晴臣
  3. “Sayonara”,The Japanese Farewell Song
    作詞:フレディ・モーガン、作曲:ハセガワ・ヨシダ、編曲:細野晴臣
  4. Roochoo Gumbo
    作詞・作曲・編曲:細野晴臣

SIDE B

  1. 泰安洋行
    作曲・編曲:細野晴臣
    このアルバム唯一のインストゥルメンタル曲。マリンバ、スティール・ドラムなどの楽器の全ては細野が担当している。
  2. 東京Shyness Boy
    作曲・編曲:細野晴臣
  3. Black Peanuts
    作曲・編曲:細野晴臣
    トロピカル・ダンディー』収録の「北京ダック」のB面としてシングル発売された。
  4. Chow Chow Dog
    作曲・編曲:細野晴臣
  5. Pom Pom蒸気
    作曲・編曲:細野晴臣
  6. Exotica Lullaby
    作曲・編曲:細野晴臣
    シンセサイザーが多く使われている。

ハリー細野 クラウン・イヤーズ1974-1977

  • 2007年にボックスセットとして発売された泰安洋行にはボーナストラックが収録されている。
  1. 蝶々さん
  2. 香港ブルース
  3. “サヨナラ”ザ・ジャパニーズ・フェア・ウェル・ソング
  4. ルーチュー・ガンボ
  5. 泰安洋行
  6. 東京Shyness Boy
  7. ブラック・ピーナッツ
  8. チャウ・チャウ・ドッグ
  9. ポンポン蒸気
  10. エクゾティカ・ララバイ
    ボーナストラック
  11. 北京ダック ~Single Version
  12. Harry's Talking in Radio
    細野がTBSラジオ「馬場こずえの深夜営業」に出演した時の音源

参加ミュージシャン




  1. ^ ハリー細野 クラウン・イヤーズ1974-1977 ブックレットより


「泰安洋行」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

泰安洋行に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「泰安洋行」の関連用語

泰安洋行のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




泰安洋行のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの泰安洋行 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS