ジョニー・ウィアー プログラム使用曲

ジョニー・ウィアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/10/10 07:38 UTC 版)

プログラム使用曲

シーズン SP FS EX
2012-2013[29][30][31] ポーカー・フェイス
曲:レディー・ガガ
振付:ジョニー・ウィアー、ニーナ・ペトレンコ、ニコライ・モロゾフ
テーマ:フェニックス
レクイエム・フォー・タワー
サラバンド
演奏:エスカーラ
フレデリック・ショパンセレクション
演奏:エドウィン・マートン
振付:ジョニー・ウィアー、ガリーナ・ズミエフスカヤ、ニコライ・モロゾフ
夜想曲第20番
作曲:フレデリック・ショパン
ファイター
曲:クリスティーナ・アギレラ
白鳥の湖
作曲:ピョートル・チャイコフスキー
ボーン・ディス・ウェイ
曲:レディー・ガガ
2009-2010[32] アイ・ラブ・ユー、アイ・ヘイト・ユー
作曲:ラウル・ディ・ブラシオ
振付:デヴィッド・ウィルソン
フォーリン・エンジェルズ
by Various Artists
振付:デヴィッド・ウィルソン
ポーカー・フェイス
ボーカル:レディー・ガガ
You Made Me Impressed

by Sung Si Kyung

2008-2009[33][34][35][36] 時の翼に乗って
作曲:サン・プルー
振付:ニーナ・ペトレンコ
映画『ノートルダム・ド・パリ』より
振付:ニーナ・ペトレンコ
アヴェ・マリア
作曲:フランツ・シューベルト
ボーカル:ジョシュ・グローバン

踊って僕のエスメラルダ
ボーカル:ガルー[37]
2007-2008[33][36] オペラ「ユノーナとアヴォーシ」より
作曲:アレクセイ・リブニコフ
編曲:スヴェトラーナ・ピコウス

振付:ファイエ・キタエリワ
ラブ・イズ・ウォー[38]
作曲:グローバス
振付:デニス・ペチュコフ
Feeling Good
ボーカル:マイケル・ブーブレ
All in Love Is Fair
曲:スティーヴィー・ワンダー
アヴェ・マリア
作曲:フランツ・シューベルト
ボーカル:ジョシュ・グローバン
2006-2007[33][39][36] キング・オブ・チェス[40]
作曲:サイレント・ニック
振付:マリナ・アニシナ
ナザレの子
作曲:マキシム・ロドリゲス
振付:マリナ・アニシナ
All in Love Is Fair
曲:スティーヴィー・ワンダー
イマジン
作曲:ジョン・レノン
砂漠のバラ
作曲:スティング
Enchanted(パッサカリア&Nature Boy)
by シークレット・ガーデン&デヴィッド・ボウイ
Fallen Angels(Sarabande Suite)
by Globus
振付:デニス・ペチュホフナタリア・リニチュクタチアナ・タラソワ
2005-2006[33][36] 白鳥
作曲:カミーユ・サン=サーンス
振付:タチアナ・タラソワ、シャネッタ・フォレ、エフゲニー・プラトフ
秋によせて
作曲:ラウル・ディ・ブラシオ
振付:タチアナ・タラソワ、シャネッタ・フォレ、エフゲニー・プラトフ
アマゾニック
ハナの瞳
ワンダーランド
作曲:マクシム・ムルヴィツァ
振付:タチアナ・タラソワ、シャネッタ・フォレ、エフゲニー・プラトフ
マイ・ウェイ
ボーカル:フランク・シナトラ
2004-2005[33][36] 序奏とロンド・カプリチオーソ
作曲:カミーユ・サン=サーンス
振付:タチアナ・タラソワ、エフゲニー・プラトフ
秋によせて
作曲:ラウル・ディ・ブラシオ
振付:タチアナ・タラソワ、エフゲニー・プラトフ
歌劇『ユノーナとアヴォーシ』より
作曲:アレクセイ・リブニコフ
編曲:スヴェトラーナ・ピコウス

アンチェインド・メロディ
作曲:ライチャス・ブラザーズ
2003-2004[33][36] 悲しきワルツ
作曲:ジャン・シベリウス
振付:タチアナ・タラソワ、マイヤ・ウソワ、エフゲニー・プラトフ
映画『ドクトル・ジバゴ』より
作曲:モーリス・ジャール
振付:ジュゼッペ・アリーナ
イマジン
ボーカル:スティーヴィー・ワンダー
2002-2003[36] イノセンス + ジデコ シルク・ドゥ・ソレイユより
作曲:ベノワ・ジュトラス
振付:ミッシェル・ポーリー
映画『ドクトル・ジバゴ』より
作曲:モーリス・ジャール
振付:ジュゼッペ・アリーナ、アンフェリカ・クリコワ
-



[ヘルプ]
  1. ^ 「プロフィール」『PASSION 2009 フィギュアスケート男子シングルフォトブック』双葉社、2009年2月、p.23
  2. ^ a b c d e f g h 『フィギュアスケート選手名鑑 2006』新書館、2005年12月、p.101
  3. ^ a b 『フィギュアスケートDays Plus 2008-2009男子シングル読本』ダイエックス出版、2008年9月、p.58
  4. ^ 『ワールド・フィギュアスケート 35』新書館、2008年12月、p.22
  5. ^ a b 小坂有紀編『COLORS 2007 フィギュアスケート男子読本』あおば出版、2007年3月、p.62
  6. ^ a b c 『COLORS』p.36
  7. ^ 『男子シングル読本』p.55
  8. ^ http://www.imdb.com/name/nm2096077/bio
  9. ^ Johnny Weir Skates at Elise Øverland’s Fashion Show on Ice at the StandardNymag,2/13/11
  10. ^ Johnny Weir, Victor Voronov Officially Back Together After Tumultuous Separationハフィントン・ポスト、2014/05/06(2014年3月に一度離婚を表明し、ヴォロノフ姓を抜いたが、5月に復縁した)
  11. ^ 本人HPの表紙に各国ファンクラブサイトが紹介されている
  12. ^ a b Pop Star On Ice official site
  13. ^ BE GOOD JOHNNY WEIR
  14. ^ After an Olympic Roller Coaster Ride of Fame and Defamation, Johnny Weir is Now Ready For Worlds International Figure Skating Magazine, March 2006, 2010年11月1日閲覧
  15. ^ Johnny Weir Models for Heatherette at New York's Fashion Week
  16. ^ http://www.figureskatersonline.com/johnnyweir/home/events/welcome-to-my-world/
  17. ^ Great Musical Moments In Reality TV: Johnny Weir Records "Dirty Love" Single
  18. ^ フィギュアのウィアが同性婚 男性弁護士と『47NEWS』2012年1月4日
  19. ^ [1]ロサンゼルス・タイムズ、2009年9月12日
  20. ^ Johnny Weir on Marriage, Olympics and ControversyNBCサンディエゴ 2012年2月14日
  21. ^ a b c d 『COLORS』p.33
  22. ^ 『COLORS 2007』p.60
  23. ^ 青嶋ひろの「このお客さんたちの前、絶対に最高の演技をしてみせたかった」『PASSION 2009 フィギュアスケート男子シングルフォトブック』双葉社、2009年2月、pp.18-21
  24. ^ [2]
  25. ^ JOHNNY WEIR TALKS LADY GAGA, 'CARMEN,' ROAD AHEAD
  26. ^ Injury forces Weir to withdraw from Rostelecom
  27. ^ Johnny Weir will not compete at Sochi Olympics
  28. ^ JOHNNY WEIR, TARA LIPINSKI & TANITH BELBIN TO JOIN NBC OLYMPICS IN SOCHI
  29. ^ [3]
  30. ^ Make no mistake: Weir is serious about winning
  31. ^ Champs Camp: Day 1 Nuggets
  32. ^ テレビ朝日 フィギュア 2009-2010 出場スケーターより。エキシビジョンは2009年10月26日に放送された演技を視聴。
  33. ^ a b c d e f 『男子シングル読本』p.59
  34. ^ 『フィギュアスケートDays vol.8』ダイエックス出版、2009年2月、p.56
  35. ^ 鈴木ふさ子「ジョニー・ウィアー 氷上に描く、鐘つき男の愛」」『PASSION 2009 フィギュアスケート男子シングルフォトブック』双葉社、2009年2月、p.16
  36. ^ a b c d e f g 「プログラムヒストリー」『PASSION 2009 フィギュアスケート男子シングルフォトブック』双葉社、2009年2月、p.23
  37. ^ 『PASSION 2009 フィギュアスケート男子シングルフォトブック』双葉社、2009年2月、p.16
  38. ^ 「ラブ・イズ・ウォー」はプログラムにつけられた名称で、使用楽曲はグローバスのアルバム「Epicon」のアレンジ。
  39. ^ 『COLORS 2007』p.57, p.59
  40. ^ 「キング・オブ・チェス」はプログラムにつけられた名称で、使用楽曲は「パラディオ」(作曲:カール・ジェンキンス)。


「ジョニー・ウィアー」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ジョニー・ウィアー」の関連用語

ジョニー・ウィアーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ホソクビワタモ

FLSTN

GENIO

サンチ ゴルゴンゾーラ

8808号車

脱色バインダ舗装

おれんじHOPE

切り欠き





ジョニー・ウィアーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのジョニー・ウィアー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS