食道アカラシアとは?

食道アカラシア

消化管には,縮んだり緩んだりすることを繰り返して,消化管の中味肛門側に順に送り出す力(蠕動運動)があります.ものを食べたあとは食道蠕動運動をすることによって,食べ物スムーズに胃へ運ばれていきます.

食道アカラシアは,胃に近い部分食道の壁の中神経に異常があるために,その部分食道の筋肉が緩まずに,いつも縮んだ状態となり,その結果食べ物通りにくくなる病気です.

この病気10万人に1人というまれな病気で,小児より成人多くみられます.症状は,食べ物飲み込みにくかったり,食べたものをすぐに吐いたりします.吐いたもの気管に吸い込んで肺炎繰り返したり,栄養が十分に摂れないため体重が減ったりします.

食道アカラシア 診断食道透視検査や,食道内圧検査によって行います.食道透視検査では,胃に近い部分食道くちばし状に狭くなった変化狭窄)と,口側の食道太く広がった変化がみられます(図).食道内圧検査では胃に近い部分食道で正常より高い圧力変化がみられます.

治療は,食道の狭窄部分風船様の器具広げる方法ありますが,根本的治療手術です.手術は,まず狭窄部分食道の筋肉切開します.さらに胃から食道への逆流を防ぐために,食道の筋肉切開した部分胃の壁を覆いかぶせます.手術後すぐに嘔吐体重減少などの症状改善します.最近は,腹腔鏡用いて小さな傷で安全に手術を行うことが可能になったため,手術後の痛みも非常に少なくなりました.

アカラシア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/01/15 02:59 UTC 版)

(食道アカラシア から転送)

アカラシア: achalasia)もしくは食道アカラシア(しょくどうアカラシア、: esophageal achalasia)は、食道の機能障害の一種である。食道噴門部の開閉障害もしくは食道蠕動運動の障害(あるいはその両方)により、飲食物の食道通過が困難となる疾患である。


  1. ^ POEM for esophageal achalasia,Inoue H et al,Endoscopy 2010; 42(4): 265-271 DOI: 10.1055
  2. ^ 食道アカラシアに対する経口内視鏡的筋層切開術(POEM)の臨床,日本臨床68巻9号page1749-1752 (2010.09)


「アカラシア」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

食道アカラシアに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「食道アカラシア」の関連用語

食道アカラシアのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




食道アカラシアのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本小児外科学会日本小児外科学会
Copyright© 1999-2014 Japanese Society of Pediatric Surgeons.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアカラシア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS