霧島山とは?

霧島山(宮崎県・鹿児島県)

1700m 北緯315603秒 東経130度5142秒  (韓国岳) (世界測地系
1421m 北緯315434秒 東経130度5311秒  (新燃岳) (世界測地系
1574m 北緯315311秒 東経130度5508秒  (高千穂峰) (世界測地系

霧島山写真霧島山地図



概 要

 霧島山は、宮崎鹿児島県境に位置し、加久藤(かくとう)カルデラの南縁部に生じた20超える安山岩(SiO25067% )の 小型成層火山砕屑丘からなる火山群である。 成層火山高千穂峰中岳大幡山などで、砕屑丘韓国岳大浪池御鉢(高千穂峰の西)、新燃(しんもえ)岳などで、 山体大きさ比べ大きな火口を持つ。また、大浪池大幡池御池六観音池など多く火口湖がある。 えびの高原南西側山腹温泉・地熱地帯があり、特にえびの高原硫黄山では活発な噴気活動みられる
 有史後は、主に御鉢新燃岳(底部火口湖)で噴火繰り返してきた御鉢は1923(大正12)年の噴火以来穏やかであるが、 過去活動記録によれば霧島火山群中もっとも活動的火口である。
 新燃岳では2008年8月22日小規模噴火発生した。

最近1万年間の火山活動

 サツマ火山灰(約11000 年前)からアカホヤ火山灰(約6300 年前)堆積以前に、琵琶池、大 幡池のマール古高千穂火山体が形成された。アカホヤ火山灰堆積以降には、高千穂峰御鉢大幡山の火山体御池小池不動池の各マール形成された。1768 年に韓国岳北西から溶岩流出し、硫黄山形成された。このうち御池マール形成した噴火(約3000 年前) は、霧島火山活動中では最大規模プリニー式噴火である( 井村,1994, 宮崎 県,1997)。

記録に残る火山活動

1980(昭和55)年12 月3 日 地震
韓国岳付近でM2.7、えびの市震度3
1980(昭和55)年12 月~ 1981(昭和56)年9 月 噴気
硫黄温泉付近噴気地帯拡大
1981(昭和56)年1 月1314地震群発
新燃岳付近群発無感
1981(昭和56)年12 月~ 1982(昭和57)年5 月 噴気
新燃岳第6 噴気孔温度上昇(最高208 )。
1983(昭和58)年12 月2829 日 地震群発
新燃岳付近群発無感29 日微動
1985(昭和60)年8 月2830 日 地震群発
新燃岳付近群発無感
1986(昭和61)年4、9 月 近傍地震
4 月28 日 牧園町で3 回の地震発生推定最大震 度4~ 5、被害あり。9 月21 日 栗野岳付近地震2 回、深さ約3km、最大M2.0、え びの高原一帯震度1。
1988(昭和63)年10 月3~ 9 日 地震群発
新燃岳付近群発無感8 日 微動(1983年以来)。
1991(平成3)年 噴火
11 月13 日 新燃岳直下地震急増26 日まで多発同時に微動 多発92 年1 月まで連続微動多発状態。
11 月24 日新燃岳火口噴気活発化確認91 年12 月92 年2 月まで、時々火山灰噴出
19921994(平成4~ 6)年
時々地震増加
1995(平成7)年4 月26 日8 月2530 日9 月下旬 地震増加
4 月26 日火山性微動発生
1999(平成11)年11 月
新燃岳震源とする火山性地震増加日回数の最高は10 日192 回。また、12 月16 日火山性微動発生し、月合計26 回。
2002平成14)年
6~ 10 月にかけて御鉢付近震源とする火山性微動が計13発生し、 微動発生直後火山性地震多発した日があった。
2003(平成15)年
御鉢で時々火山性微動発生12 月12 日には、継続時間9 分の微動発生し、翌日新し噴気孔(T8T9)が確認された。噴気は時々火口縁を越えた。
2004(平成16)年
御鉢で時々火山性微動発生噴気は時々火口縁を越えた。
2005(平成17)年
御鉢で時々火山性微動発生噴気は時々火口縁を越えた。
2006(平成18)年
新燃岳火山性微動火山性地震
御鉢で時々火山性微動発生噴気は時々火口縁を越えた。
2007(平成19)年
御鉢で時々火山性微動発生
2008(平成20)年 噴火
新燃岳8月22日小規模噴火小林市方面降灰その後噴煙活動続く。

 

<「概要」、「最近1万年間の火山活動」、「記録に残る火山活動」については日本活火山総覧(第3版)(気象庁編,2005)及び最近観測成果による。>


火山観測

 気象庁では,新燃岳山頂火口南西1.7kmの地点Aに地震計を,また空振計1点,遠望カメラ1点,GPS3点をそれぞれ設置し, さらに東京大学地震研究所霧島火山観測所地震計5点を分岐し,霧島山の火山活動監視観測を行っています。 2002年8月には,簡易設置火山観測装置用いて地震計3点,GPS3点,空振計1点を増設しました。 2006年4月傾斜計3点,GPS観測点5点を追加しました。


火山活動解説資料

 気象庁実施した火山観測データ解析結果や,火山活動診断結果掲載します。毎月1回,上旬公表します。

 



霧島山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/14 01:36 UTC 版)

霧島山(きりしまやま)は、九州南部の宮崎県鹿児島県県境付近に広がる火山群の総称であり、霧島連山霧島連峰霧島山地あるいは霧島火山群とも呼ばれる。最高峰の韓国岳(標高1,700m)と、霊峰高千穂峰(標高1,574m[1][注 1])の間や周辺に山々が連なって山塊を成している。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ GNSS測量等の点検・補正調査による2014年4月1日の国土地理院『日本の山岳標高一覧-1003山-』における改定値。なお、旧版での標高は1,573m。
  2. ^ 2001年までは井村(1994)によって、加久藤火砕流から15万年前までを古期霧島火山、15万年前から現在を新期霧島火山としていた。[9]

出典

  1. ^ “標高値を改定する山岳一覧 資料1”. 国土地理院. http://www.gsi.go.jp/common/000091072.pdf 2014年3月26日閲覧。 
  2. ^ 気象庁・過去の火山活動による分類(ランク分け)
  3. ^ 火山防災のために監視・観測体制の充実等の必要がある火山”. 気象庁. 2016年2月25日閲覧。
  4. ^ 【協議会】日本ジオパーク認定申請の結果が発表されました” (日本語). 霧島ジオパーク推進連絡協議会事務局 (2010年9月14日). 2011年2月25日閲覧。
  5. ^ 森茂善、荒木一好「霧島山の気候」『霧島山総合調査報告書』霧島山総合研究会、1969年
  6. ^ 吉岡善三郎ほか 「畜産」『霧島山総合調査報告書』霧島山総合研究会、1969年
  7. ^ a b c 長岡 信治, 新井 房夫, 檀原 徹 (2010). “宮崎平野に分布するテフラから推定される過去60万年間の霧島火山の爆発的噴火史”. 地学雑誌 119 (1): 121-152. https://www.jstage.jst.go.jp/article/jgeography/119/1/119_1_121/_article/-char/ja/ 2017年4月7日閲覧。. 
  8. ^ a b 井村 隆介, 小林 哲夫 (2001年). “霧島火山地質図, 地質調査所”. 鹿児島大学理学部. 2017年4月20日閲覧。
  9. ^ [[高橋正樹 (火山学者)|]]、小林哲夫編『九州の火山』築地書館〈フィールドガイド日本の火山5〉、1999年、ISBN 4-8067-1165-9
  10. ^ 遠藤尚ほか「火山灰層による霧島熔岩類の編年(試論)」『霧島山総合調査報告書』霧島山総合研究会、1969年
  11. ^ 28)霧島山火山 産業技術総合研究所, 2016年2月11日閲覧。 (PDF)
  12. ^ 平田正一「霧島山の植物解説」『霧島山総合調査報告書』霧島山総合研究会、1969年
  13. ^ 宍戸元彦「霧島山の森林植生」『霧島山総合調査報告書』霧島山総合研究会、1969年
  14. ^ 宮崎県総合博物館編・発行 『宮崎県総合博物館総合調査報告書 霧島山の動植物』 2004年
  15. ^ 中村豊 「霧島山の鳥類」 『宮崎県総合博物館総合調査報告書』 2004年
  16. ^ 鹿児島県/地名の由来”. 鹿児島県. 2017年9月5日閲覧。
  17. ^ 橋口兼古、五代秀堯、橋口兼柄 『三国名勝図会 巻之33』 1843年
  18. ^ 中野幡能 『山岳宗教研究叢書13 英彦山と九州の修験道』 名著出版、1977年
  19. ^ 霧島町郷土誌編集委員会編 『霧島町郷土誌』 霧島町、1992年
  20. ^ 資料によっては1,310mという記載もある。


「霧島山」の続きの解説一覧





霧島山と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「霧島山」の関連用語

霧島山のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

草津白根山

硫黄島

樽前山

雲仙岳

羅臼岳

南日吉海山

渡島大島

赤城山





霧島山のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
気象庁気象庁
©2017 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの霧島山 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS