羊蹄山とは?

羊蹄山(北海道)

1898m 北緯424936秒 東経1404841秒 (世界測地系

羊蹄山地図 羊蹄山の写真



概 要

 羊蹄山は北海道南西部位置し、尻別川を挟んで西にはニセコがある。 羊蹄山は、標高1898mの円錐形成層火山で、山頂には直径700mの火口山体西北西斜面には北山火口はじめとする火口山麓には富士見火砕丘はじめとする火砕丘分布する。 火山体の東、北、西部尻別川作る標高180~270mの沖積面に囲まれる。 羊蹄山の活動は、約5~6万年前から開始し、活発に軽石火山灰溶岩流繰り返し噴出し火砕流山体崩壊発生させた。 最新期は側火山活動中心で、南火口(標高1050m)から噴出した南火口溶岩流下位の材片の年代測定値から、おおよそ過去1万年以降噴火活動があったと考えられる。 現在、噴気活動認められない。



最近1万年間の火山活動

  有史噴火活動は知られておらず、現在、噴気活動認められない。 最新期は側火山活動中心で、南火口(標高1050m)から噴出し溶岩流は、下位の材片より約1万年前の年代測定値が得られている(宇野1989)。



記録に残る火山活動

 記録に残る火山活動はない。


日本活火山総覧(第3版)(気象庁編、2005)による。>


羊蹄山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/25 09:13 UTC 版)

羊蹄山(ようていざん)は、北海道後志地方南部(胆振国北西部)にある、標高1,898mの成層火山である。後方羊蹄山(しりべしやま)として、日本百名山に選定されている[3]




[ヘルプ]
  1. ^ 地図閲覧サービス 2万5千分1地形図名:羊蹄山(岩内)国土地理院、2010年12月30日閲覧)
  2. ^ 日本の主な山岳標高:北海道国土地理院、2010年12月28日閲覧)
  3. ^ 深田久弥 『日本百名山』 朝日新聞社1982年ISBN 4-02-260871-4
  4. ^ 国土地理院 基準点成果等閲覧サービス
  5. ^ 北海道鉄道管理局『北海道鉄道沿線案内』、1918年、53-54頁。荒山正彦監修・解説『シリーズ明治・大正の旅行 第I期 旅行案内書集成』第13巻(北海道旅行案内/樺太の鉄道旅行案内)、ゆまに書房、2014年、77-78頁。
  6. ^ a b 上澤 真平, 中川 光弘 (2009). “西南北海道,羊蹄火山の最近約5万年間のテフラ層序 : 古羊蹄火山起源テフラの発見と岩屑なだれの発生時期”. 日本火山学会講演予稿集: 42. http://ci.nii.ac.jp/naid/110008511086 2016年12月1日閲覧。. 
  7. ^ 吉田 英嗣 (2015). “流れ山分布の地形学的特徴からみた古羊蹄火山の巨大山体崩壊”. 地学雑誌 124 (4): 575-586. https://www.jstage.jst.go.jp/article/jgeography/124/4/124_124.575/_article/-char/ja/ 2016年12月1日閲覧。. 
  8. ^ 羊蹄山 - 地質調査総合センター
  9. ^ 16.羊蹄山 (PDF)”. 気象庁 (2013年). 2016年12月1日閲覧。
  10. ^ 『自然紀行 日本の天然記念物』 講談社2003年、26頁。ISBN 4-06-211899-8


「羊蹄山」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

羊蹄山に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「羊蹄山」の関連用語

羊蹄山のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

伊豆大島

安達太良山

新潟焼山

伊豆鳥島

恵庭岳

由布岳

伊豆東部火山群

口永良部島





羊蹄山のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
気象庁気象庁
©2017 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの羊蹄山 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS