自然哲学とは?

し ぜんてつがく [5][4] 【自然哲学】 〔ドイツ Naturphilosophie〕

広く自然の事物や現象についての体系的理解および理論的考察総称主として古代ギリシャイオニア学派万物根元求め哲学や,近代では自然科学とは区別された,思弁的哲学的な原理による自然の全体的統一的考察をいう(シェリング・ヘーゲルなど)。近代科学成立以前自然科学をも包括する呼称として用いられた。


自然哲学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/17 22:31 UTC 版)

自然哲学(しぜんてつがく、羅:philosophia naturalis)とは、自然事象や生起についての体系的理解および理論的考察の総称であり、自然を総合的・統一的に解釈し説明しようとする形而上学である[2]自然学(羅:physica)と呼ばれた[2]自然、すなわちありとあらゆるものごとのnature(本性、自然 : nature: Natur)に関する哲学である。しかし同時に人間の本性の分析を含むこともあり、神学形而上学心理学道徳哲学をも含む[3]。自然哲学の一面として、自然魔術(羅:magia naturalis[4]がある。自然哲学は、学問の各分野の間においても宇宙の様々な局面の間でも、事物が相互に結ばれているという感覚を特徴とする[1]




  1. ^ a b c d e f g ローレンス・M・プリンチペ 著 『科学革命』 菅谷暁・山田俊弘 訳、丸善出版、2014年
  2. ^ a b 「自然哲学 physica; philosophia naturalis」『ブリタニカ国際大百科事典」
  3. ^ 岩波『哲学・思想 辞典』
  4. ^ ファンタジーに描かれる「魔法」とは異なる。「魔術」は、世界の中に埋め込まれた結びつきを学び、制御し、実践的な目的のために制御することを目指していた。右のキルヒャーの口絵では、「算術」と「医学」の間に置かれ、「太陽を追うヒマワリ」で表されている
  5. ^ この図式は、19世紀後半に考案されて普及した神話である。
  6. ^ 八杉竜一、『進化学序論』、(1965)、岩波書店、p.29


「自然哲学」の続きの解説一覧





自然哲学と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「自然哲学」の関連用語

1
格物学 国語辞典
76% |||||

2
物理 国語辞典
76% |||||

3
物理学 国語辞典
76% |||||

4
理学 国語辞典
76% |||||

5
究理学 国語辞典
76% |||||

6
窮理学 国語辞典
76% |||||





自然哲学のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

コンテナ船

揖斐関ヶ原養老国定公園

ガスコンロ

坑口

足摺宇和海国立公園

ベロア

ミシン球クリア

ヘルメット





自然哲学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの自然哲学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS