水酸化ナトリウムとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 物質 > 化合物 > 化合物 > 水酸化ナトリウムの意味・解説 

すいさん かナトリウム -くわ- [8] 【水酸化ナトリウム】

白色固体。普通,食塩水電解して大量に得る。化学式 NaOH 潮解性強くによく溶けて強いアルカリ性を示す。腐食性があり,皮膚をおかす。合成繊維石鹼(せつけん)製造石油精製などに広く使用苛性ソーダ
「水酸化ナトリウム」に似た言葉


水酸化ナトリウム

分子式HNaO
慣用名か性ソーダSodium hydroxide、水酸化ナトリウム、White caustic、Caustic sodaSoda lye、ナトリウムヒドロキシド、苛性ソーダ、Hydroxysodium、エトズナトロン、Aetznatron、アスカライト、Ascarite、コロ-グリルレイン、Collo-Grillrein、コロ-タペッタ、Collo-Tapetta、FC-4370、MO-67、NSC-135799、スタムペルプレプ、AtamperPrep、トソーペアール、Tosoh pearl、E-33


物質
水酸化ナトリウム
慣用名
苛性ソーダ
化学式
NaOH
原子量
40.0
融点(℃)
318.4
沸点(℃)
1390
密度(g/cm3
2.13

個体劇物であり、基礎工業薬品一つとして用いられる。潮解性呼ばれる性質持ち空気にさらしておくと水分を吸って分解する。

水酸化ナトリウム

英訳・(英)同義/類義語:sodium hydroxide

潮解性の強い白色結晶NaOH
「生物学用語辞典」の他の用語
化合物名や化合物に関係する事項:  水素イオン  水素結合  水酸化カリウム  水酸化ナトリウム  水銀    氷酢酸

水酸化ナトリウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/09/12 01:44 UTC 版)

水酸化ナトリウム(すいさんかナトリウム、sodium hydroxide)は化学式 NaOH で表される無機化合物で、ナトリウム水酸化物であり、常温常圧ではナトリウムイオン水酸化物イオンからなるイオン結晶である。苛性ソーダ(かせいソーダ、caustic soda)と呼ばれることも多い。




  1. ^ D.D. Wagman, W.H. Evans, V.B. Parker, R.H. Schumm, I. Halow, S.M. Bailey, K.L. Churney, R.I. Nuttal, K.L. Churney and R.I. Nuttal, The NBS tables of chemical thermodynamics properties, J. Phys. Chem. Ref. Data 11 Suppl. 2 (1982).
  2. ^ 経済産業省生産動態統計・生産・出荷・在庫統計平成20年年計による


「水酸化ナトリウム」の続きの解説一覧





水酸化ナトリウムと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

水酸化ナトリウムに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「水酸化ナトリウム」の関連用語

水酸化ナトリウムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




水酸化ナトリウムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
JabionJabion
Copyright (C) 2014 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの水酸化ナトリウム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS