時計台の鐘とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 日本の音風景100選 > 時計台の鐘の意味・解説 

時計台の鐘

北海道札幌市

●よく聞ける時期
1年通して聞ける

●よく聞けるところ
時計台周辺

寄りみち
札幌の街には、赤レンガ北海道庁旧本庁舎豊平館清華亭など明治開拓時代しのばせる建築物を見ることができる。駅の北側の北大キャンパス雰囲気がいい。

 札幌シンボルとして市民親しまれているこの時計台は、旧札幌農学校北海道大学前身)の演武場として明治11年(1878)に建築された洋風建築で、現存する時計塔としては日本最古のもの。塔上の時計アメリカ製で当時時計台の時を告げる鐘は、4キロ四方わたって鳴り響いたという。

 今では、周囲ビルに囲まれて、鐘の音はほとんど周辺にだけしか聞こえなくなってしまったが、鐘そのものの音は、明治の昔と変わらない音色奏でている。時代流れとともに近代的大都会へと様相を変えた札幌の街にあって、草創期面影そのままにとどめている時計台の姿は、その鐘の音とともに悠久の時越えて、私たちの心を魅了してくれる、歴史的文化的音色である。時計台の鐘

アクセス

列車JR札幌駅から徒歩7分、または地下鉄大通駅から徒歩5分。駐車場なし。

問い合わせ先
札幌市環境環境保全計画課・北海道札幌市中央区北一条西2丁目、011・211・2872





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

時計台の鐘に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「時計台の鐘」の関連用語

時計台の鐘のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

新庄宿の小川

淀川河川敷のマツムシ

室戸岬・御厨人窟の波音

垂水漁港のイカナゴ漁

京の竹林

奥入瀬の渓流

北上川河口のヨシ原

大雪山旭岳の山の生き物





時計台の鐘のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
環境省環境省
Copyright © 2017 Kankyosho All rights reserved.

©2017 Weblio RSS