松の勧進の法螺貝とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 日本の音風景100選 > 松の勧進の法螺貝の意味・解説 

松の勧進の法螺貝

山形県鶴岡市

●よく聞ける時期
12月1日から中旬

●よく聞けるところ
12月1日日枝神社
12月中旬市内

寄りみち
鶴岡市内は町ごと建物博物館のようだが、山形県随一白い砂浜が続く湯野浜海岸は、日本海夕陽美しい。山なら羽黒山湯殿山月山出羽三山一つには、ぜひ行ってみたい。

 大晦日から元旦にかけて羽黒山頂で繰り広げられる、出羽三山神社三大祭りのひとつ「松例祭」。その浄財集めるために行われる伝統行事が「勧進」だ。

 毎年12月1日市内日枝神社羽黒山山伏集結し、参拝後に旧庄内藩主の酒井家城下勧進するあいさつをする。

 山伏たちは、法螺貝の「ぶぉ〜、ぐぶぉ〜」という、なにかを呼び起こすような音を響かせながら、家内安全などを祈ったお礼を各家庭配り歩く。

 山伏の姿と法螺貝の音は、12月中旬まで、市街地いたるところ出会うことができ、鶴岡師走訪れ告げる、伝統的風物詩となっている。松の勧進の法螺貝

アクセス

列車JR羽越本線鶴岡駅から南へ徒歩10分で日枝神社へ。
マイカー山形自動車道寒河江ICから、国道112号鶴岡駅まで約2時間

問合わせ先
鶴岡市環境衛生業務課・山形県鶴岡市宝田3-13-6、0235-22-2848



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「松の勧進の法螺貝」の関連用語

松の勧進の法螺貝のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



松の勧進の法螺貝のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
環境省環境省
Copyright © 2019 Kankyosho All rights reserved.

©2019 Weblio RSS