卓球とは?

たっ きゅう たくきう [0] 【卓球】

ネットを張ったテーブルをはさんで競技者が相対し,ラケットセルロイド製のボール打ち合い得点競う球技。シングルス・ダブルスなどがある。ピンポンテーブル-テニス


卓球

歴史と沿革


卓球発祥当初の絵



1880年代イングランド上流階級ローンテニス愛好者たちが、雨の日に食堂テーブルを使って行ったのが卓球の原型といわれています。その後セルロイドボール皮張りラケットで打つと「ピン」、相手の台に落ちると「ポン」と音がするところからその音をなぞらえピンポン呼ばれるようになりました。しかし、「ピンポン」という言葉商標登録されていたため、「テーブルテニス」の名称が採用されました。日本へは1902年明治35年)にヨーロッパから坪井玄道氏がネットラケットボールなどを持ち帰ったことにより伝来し、その後国内に広まりました。

1988年ソウル大会からオリンピックの正式種目となり、1926年に始まった世界選手権大会は現在、団体戦個人戦が毎年交互開催されています。国内大会では、全日本選手権一般の部)の他に、「8歳以下の部」から「85歳以上の部」まで幅広く年齢層ごとの全日本選手権開催されています。

在日本卓球協会へは約30万人が登録していますが、近年実施した卓球実施状況調査によると、月1回以上の卓球実施者は推計300万人という結果がでています。


競技方法

中央ネットを張った長さ2.74m、幅1.525m、高さ76cmテーブルを挟んで、プレーヤーラバーを貼ったラケットで、直径40mm重さ2.7gのセルロイドボール打ちあうスポーツです。球技の中ではボールが最も軽くラケットに貼ったラバーボール回転をかけることができるため、スピードとともに回転に対応する必要があります

もうひとつ1988年日本発祥した新卓球(ラージボール)あります使用されるボール直径44mmと大きく重さは2.2~2.4gで軽くなっています。そのためスピードが出にくく、回転もかかりにくいためラリー続きやすいのが特徴です。もともと初めて卓球を楽しむ人でも簡単にラリーが続くように開発されているため、幅広い年齢層親しまれているスポーツとして生涯スポーツのひとつとなっています。


ルール

競技種目としてはシングルスダブルスがあり、試合は3ゲーム、5ゲームまたは7ゲーム行われ、1ゲーム11ポイント先取したプレーヤーがそのゲームの勝ちとなります。サービスは2ポイント交替(2ポイントごとに各プレーヤー交互に行う)です。ただし、1010になるとサービスは1ポイント交替になり、2点差をつけた方の勝ちとなります。

ダブルステニス異なり、同チームプレーヤー交互打球なければなりません。

ルール詳細は、日本卓球協会発行の『日本卓球ルール2011』をご参照ください
  同書日本卓球協会公式サイトから購入できます


用具

● 卓球台 : 上面長さ2.74m、幅1.525mの長方形で、地面からの高さは76cm。ネットの高さは台から15.25cm。

ボール直径40mm、重さ2.7gのセルロイドまたは同質プラスチック製で、色は白またはオレンジなければならない

ラケット基本的に木材から作られた板とゴム製のラバーとから構成されるが、握り方の違う「シェークハンド型」と「ペンホルダー型」の2種類がある。さまざまな製品から選択できるが、日本国内の公式試合使用するラケットは、見える場所にメーカー名日本卓球協会公認表示(JTTAA)が義務付けられている。



卓球

一般の卓球競技規則準じて行われているが、障害種類程度に応じて一部規則変更している。
例えば、車いす使用者サービスでは、エンドライン正規通過したボール以外はレットとなる。
また、障害により正規トスが困難な選手場合には、いったん自コートボール落とした後、相手コートサービスをすることが認められている。
競技は、障害種類程度運動機能によってグループ分けされ行われる

卓球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/12 09:33 UTC 版)

卓球(たっきゅう、Table tennis)は、球技の一種で、競技者は卓球台を挟んで向かい合い、プラスチック製のボール1個を相手コートに向かって打ち合って得点を競う。ピンポン(Ping pong)ともいう。競技は、男子/女子シングルス、男子/女子ダブルス、混合ダブルス、男子/女子団体戦の4つに分けられる。競技人口の多さは世界有数であり、メジャースポーツの一つである。




[ヘルプ]



卓球

出典:『Wiktionary』 (2010/08/17 07:34 UTC 版)

名詞

たっきゅう

  1. 小さなボール中央ネットを張った打ち合うスポーツ

翻訳






卓球と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「卓球」の関連用語

卓球のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ウエイトリフティング

エアースポーツシューティング

ウエイトトレーニング

トリットボール

マイクロライトプレーン

剣道

ラケットボール

グラススキー





卓球のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
笹川スポーツ財団笹川スポーツ財団
Copyright © 2016 SASAKAWA SPORTS FOUNDATION. All Rights Reserved.
笹川スポーツ財団
財団法人日本障害者スポーツ協会財団法人日本障害者スポーツ協会
Copy Rights : 2016 JSAD All Rights Reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの卓球 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの卓球 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2016 Weblio RSS