ラケットボールとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 方式・規則 > 主義・方式 > 競技 > スポーツ競技 > ラケットボールの意味・解説 

ラケット ボール [5] 【racquetball】

四方を壁で囲まれたコートで,ラケットボール天井あるいは壁面打ち返すスカッシュに似たスポーツ激し運動量を伴う。1949年アメリカ考案された。

ラケットボール

歴史と沿革

ラケットボールは、アメリカYMCAテニススカッシュコーチをしていたジョー・ソベック氏によって1947年考案されました。1970年代アメリカ爆発的普及し、日本でも1971年東京神戸YMCAコートが作られました。

1980年には現在の日本ラケットボール協会設立され、全日本選手権ジャパンオープンなど日本各地での競技大会開催や、審判講習会開催世界選手権への選手派遣など、ラケットボールの普及活動本格的開始しました。設立当初はわずか3コートだったのが、今では全国で約100施設300コートを超え、約30万人愛好者擁するまでになりました。また、競技レベル進歩著しく2年ごとに開催される世界選手権では40カ国を超える参加国中アメリカカナダメキシコに次ぐ強豪国として注目されるまでになっています。


競技方法

ラケットボールのコートは、四方を高さ6.1m、幅6.1m、奥行き12.2mの壁で囲まれた四角部屋です。ラケット長さ約56cm、重さ200~300gとテニスよりも短くて軽くボール直径約6cmのゴム製のよく弾むものを使用します。ウエアーはTシャツポロシャツ短パン一般的ですが、比較的自由に好みファッションで楽しむことができますまた、プレーの際には目を保護するためにアイガードを着用します。

ラケットボールは、2人シングルスもしくは4人(ダブルス)の選手交互ボールを前の壁に打ち合う競技です。まずサーバーサービスゾーン内で床に落としボール直接前の壁に打ちコート中央に引かれたショート・ラインより後ろコートサーブを入れます。レシーバーサーブをワンバウンドもしくはノーバウンドで前の壁に打ち返します。あとはお互い前の壁にボール打ち合います。

ボールが床にツーバウンドしたときや打っボールが前の壁に届かなかったときはアウトオブプレーとなります。サーブを持ったプレーヤーラリーに勝つと1点入り負けるとサーブ交代となります。試合は15-15-11点の3ゲームマッチで行なわれ、2ゲーム先取すれば勝ちとなります。スカッシュと似ていますが、違いひとつとして、ラケットボールは壁、床、天井の6面をフルに使うことができます


競技の特徴



ラケットボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/12/28 00:03 UTC 版)

ラケットボール(Racquetball)とは、4面の天井に囲まれた空間で、前面の壁に当たったボールラケットで打ち合う競技。






「ラケットボール」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ラケットボール」の関連用語

ラケットボールのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

サイクルサッカー

エアースポーツシューティング

フリスビードッグ

フリスビードッグ

オーストラリアンフットボール

フェンシング

ダンススポーツ

グライダー





ラケットボールのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
笹川スポーツ財団笹川スポーツ財団
Copyright © 2016 SASAKAWA SPORTS FOUNDATION. All Rights Reserved.
笹川スポーツ財団
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのラケットボール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS