アイスホッケーとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > スポーツ > 競技 > ホッケー > アイスホッケーの意味・解説 

アイスホッケー [4] 【ice hockey】

氷のリンク上でスケート靴をはいて行うホッケー。一チーム六人,スティックパックゴール打ち込んで得点を争う。

アイスホッケー

歴史と沿革

アイスホッケーの起源には諸説ありますが、そのひとつとして、18世紀イギリス兵たちがカナダでの長く厳しい冬を過ごすために凍結した川や湖でホッケー先住民が行っていたラクロス組み合わせて楽しんだという説があります


現代アイスホッケーの発祥19世紀後半モントリオールホッケー氷上で遊んだことと言われ、その後ラグビーなどを参考ルール整備され、カナダ各地試合が行われるようになりました。19世紀末にはアメリカでも試合が行われ、次第北米を代表するスポーツとしての地位高めていきます。1917年になると、プロ選手によるリーグ戦NHLナショナルホッケーリーグ)がスタート。現在はカナダアメリカだけでなく、ロシアスウェーデンチェコなど世界各国から選手参加し、世界最高峰戦い10月から6月まで繰り広げます。

オリンピックには1920年アントワープ大会夏季)から採用され、その後冬季大会競技となりました。1998年長野大会からはNHLトップ選手母国の代表として出場できるようになり、大会で最も人気の高い競技として男子決勝戦大会最後を飾っています。オリンピック以外にも、国際アイスホッケー連盟加盟する69ヶ国で世界選手権毎年開催され、世界一を競っています。

日本では1915年に採り入れられ、1923年に初の試合が行われています。1966年日本リーグ発足1972年には日本アイスホッケー連盟設立されました。2003年アジアリーグスタートし、国際リーグとしての存在感も高まっています。


競技方法


アイススケートの見どころは、選手たちのスピード感あふれる動き激しいぶつかり合いです。ヘルメットグローブ防具で身を固めスケート靴を履いた選手フェンスに囲まれたリンクのなかで、スティックパック奪い合い相手ゴールをめざします。攻め上がる時の選手スピード時速40~60km、シュートいたって時速160kmを超えることもあります守備では、相手選手突進を防ぐためのボディチェック(体当たり)や、身を呈してのシュートブロック、速さ変化のある攻め20超える防具をつけたキーパーゴールを守ったりと、最も速く激しスポーツと言われる場面随所見られます。

アイスホッケーは1チーム22人(GK2人を含む)がベンチ入ります。試合時間は、20分間ピリオド3セットで、選手交代は自由に行えます。体力消耗激しスポーツのため、同一メンバーフォワード3人・ディフェンス2人)が氷上プレーするのは長くても1分弱です。交代タイミングなど、選手パフォーマンス最大限生かすためのベンチワークも見所のひとつです。

また、時には乱闘が起きることもあり、60分間、高いパフォーマンスを保つために、選手たちにはスピード激しさ、強い精神力のほか、プレー先見性インテリジェンスなどが求められます。


ルール


ここでは大まかなルールご紹介します。より詳しいルール日本アイスホッケー連盟ホームページご参照ください

フェイスオフ
リンク上に設けられたフェイスオフスポットで、両チーム選手向き合い審判落としパックスティック取り合います。試合開始時のほか、プレー再開されるときは必ず行われます。

得点
5㎝ゴールラインパックが完全に越えると認められます。スティックだけでなく体のどの部分に当たって入っても得点になりますが、故意投げたりスケートで蹴って入れたりした場合ノーゴールとなります。

オフサイド
パックより先に攻撃側の選手ブルーライン越え攻撃ゾーン内に入ること。フェイスオフスポットでゲーム再開します。

アイシング
自陣守備ゾーンから打っパックが、誰にも触れられず相手ゴールライン越えてしまうこと。自陣ゴール前まで戻され、フェイスオフによりゲーム再開されます。ただし、反則氷上選手少ないほうのチームには適用されません。

ペナルティ
アイスホッケーはスピード速くコンタクト強くスティックなどの用具も使うことから、危険防止のために多くペナルティ反則)が定められています。その程度によって2分、5分、10分間一時的退場か、残り試合時間すべて退場という措置がとられます。退場者はオフィシャル席の両脇設けられたペナルティボックスに入ります。悪質反則については追加懲戒処分下される場合あります


アイスリンク



用具

スケート靴
安全性機能性追求し、毎年改良されています。スケートの刃はステンレス、刃を支え部分つま先には強化プラスティック使用され、スケート靴は、内側革張りですが、外側防弾チョッキ用の丈夫な布製です。

パック
硬質ゴム製で、重さ150170g、直径76.2厚さ25.4円柱形冷えているほうが滑りやすいことから、試合中、予備パックは氷の入ったバケツ冷やされています。

スティック
シャフト(柄の部分)が長さ163cm以内ブレードパックコントロールする部分)は長さ32cm以内で1.5cm以上曲げることは禁止されています。また、シャフト先端はグリップエンドなどを着けて安全性高めています。違反スティック反則となります。試合中、スティック破損したり折れたりした場合プレーヤー直ち申告なければならず、そのまま使ったり拾ったりしたときは反則となります。



アイスホッケー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/10/14 07:08 UTC 版)

アイスホッケー(英:Ice hockey)は、天然または人工氷のスケートリンク上で、スケート靴を履いて行う団体スポーツ競技である。陸上で行われるホッケーの形式を氷上に持ち込んだものである。2チームが長方形(楕円形)をしたリンクの中で、スティック (Ice hockey stick(長い柄の先端部分に角度をつけ湾曲させた杖状の用具)を用いて硬質ゴムでできた扁平な円柱状の パックを打ち合い、相手方のゴール (Goal (ice hockey)に入れることでその得点を競うゲームである。『氷上の格闘技』とも呼ばれている。漢字を当てて氷球と表記される。




[ヘルプ]
  1. ^ 「ザンボニー」とは整氷車販売シェア世界一であるメーカーザンボニー (Zamboni) 社から、製氷車自体を一般名詞化したものである。
  2. ^ 折れたスティックを交換のためにベンチに渡すことは可能
  3. ^ 一発勝負の試合などではホームアイスアドバンテージを適用しない場合もある。
  4. ^ なお、アイスホッケー靴によるスピード競技も存在するといわれる。
  5. ^ ちなみに高校生以下の試合では、フルフェイス(顔の前面全てに保護をつけること)が義務付けられている。


「アイスホッケー」の続きの解説一覧





アイスホッケーと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

アイスホッケーに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「アイスホッケー」の関連用語

アイスホッケーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

アメリカンフットボール

クロッケー

マウンテンバイク

オーストラリアンフットボール

キックベースボール

キャンプ

BMX

タッチラグビー





アイスホッケーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
笹川スポーツ財団笹川スポーツ財団
Copyright © 2016 SASAKAWA SPORTS FOUNDATION. All Rights Reserved.
笹川スポーツ財団
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアイスホッケー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS