モントリオールとは?

モントリオール(カナダ)

英語 Montreal circuit

カナダ東部ケベック州モントリオール郊外アメリカとの国境セントローレンス川に、万博会場用につくられた人工中州を使ったコース地元カナダ人ドライバーG.ビルヌーブF1開催1978年優勝82年ゾルダー事故死したことで、追悼の意を込めサーキット名をIle Notre-Dameから彼の名前を冠したCircuit Gilles Villeneuve変更コース全長4.421km。通常公園周遊サイクリングコースとして使用されている。ブラインド・コーナー多く路面には砂や挨が浮くという一般道に近い低μ路面特徴だが、F1平均速度は200km/hに達する。2002年にはCARTも同じコースを使った。

モントリオール(カナダ)

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

モントリオール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/12 13:23 UTC 版)

モントリオール(英語: Montreal [ˌmɒntrɪˈɔːl] ( 聞く))、モンレアルフランス語: Montréal[mɔ̃ʁeal] ( 聞く))は、カナダケベック州の都市。セントローレンス川沿いに位置し、アメリカ合衆国との国境や、カナダのオンタリオ州との州境に近い。




  1. ^ a b “(Code 2466023) Census Profile”, 2011 census (Statistics Canada), (2012), http://www12.statcan.gc.ca/census-recensement/2011/dp-pd/prof/details/page.cfm?Lang=E&Geo1=CSD&Code1=2466023&Geo2=PR&Code2=24&Data=Count&SearchType=Begins&SearchPR=01&B1=All 
  2. ^ a b “(Code 0547) Census Profile”, 2011 census (Statistics Canada), (2012), http://www12.statcan.gc.ca/census-recensement/2011/dp-pd/prof/details/page.cfm?Lang=E&Geo1=POPC&Code1=0547&Geo2=PR&Code2=01&Data=Count&SearchType=Begins&SearchPR=01&B1=All 
  3. ^ a b “(Code 462) Census Profile”, 2011 census (Statistics Canada), (2012), http://www12.statcan.gc.ca/census-recensement/2011/dp-pd/prof/details/page.cfm?Lang=E&Geo1=CMA&Code1=462&Geo2=PR&Code2=01&Data=Count&SearchType=Begins&SearchPR=01&B1=All 
  4. ^ Global Cities 2015: The Race Accelerates (2015年公表)
  5. ^ コンゴ民主共和国(旧ザイール)の首都・キンシャサは人口が急増し1980年代にモントリオールを抜いてフランス語圏で世界第2の規模の都市となった。
  6. ^ http://www.anzen.mofa.go.jp/manual/montreal.html
  7. ^ Census Profile 2011,Statistics Canada
  8. ^ Census Profile 2011, Statistics Canada
  9. ^ 1981 to 2010 Canadian Climate Normals station data MONTREAL/PIERRE ELLIOTT TRUDEAU INTL A カナダ環境省”. 2014年8月6日閲覧。
  10. ^ 1961 to 1990 Canadian Climate Normals station data MONTREAL/DORVAL INT'L A カナダ環境省”. 2014年8月6日閲覧。
  11. ^ 1981 to 2010 Canadian Climate Normals station data MONTREAL/MIRABEL INT'L A カナダ環境省”. 2014年8月6日閲覧。
  12. ^ Demographia: World Urban Areas & Population Projections
  13. ^ "NHS Profile, Montréal, V, Quebec, 2011" 2011 Census Statistics Canada
  14. ^ モントリオール日系文化会館
  15. ^ "Montréal, Quebec (Code 462) and Quebec (Code 24) (table). Census Profile." 2011 Census Statistics Canada
  16. ^ Population by language spoken most often at home and age groups, 2006 counts, for Canada, provinces and territories, and census subdivisions (municipalities) with 5,000-plus population - 20% sample data 2006 Census Statistics Canada
  17. ^ もっとも、モントリオール市内に限れば英語使用者の割合は2割近くに達する。
  18. ^ Présence en 2012 des immigrants admis au Québec de 2001 à 2010
  19. ^ なお、モントリオールには国際航空運送協会 (IATA) と国際民間航空機関 (ICAO)、国際空港評議会 (ACI)の本部機能がおかれている。
  20. ^ リムジンバスもほぼ同じ路線で主要ホテルを経由し30分間隔で運行されている。
  21. ^ 地下鉄Berri-UQAM駅からは400m北西にある。
  22. ^ リチャージャブル式と、非リチャージャブル式(使い捨て: occasional card)のカードがある。基本運賃は二時間券(3 CAD)。
  23. ^ 基本運賃は24時間券(10 CAD)。
  24. ^ グリーン線(1号線)・オレンジ線(2号線)の連絡駅。
  25. ^ 市街地中心のルネ・レヴェスク通りの渋滞対策にもなっている。
  26. ^ モントリオール万国博覧会のために作られた路線。
  27. ^ Gare Centrale de Montréal. VIA Rail Canada. 2016年7月2日閲覧
  28. ^ Montreal, QC. Amtrak. 2016年7月2日閲覧
  29. ^ Adirondack. P2. Amtrak. 2016年1月11日. 2016年6月27日閲覧 (PDFファイル)
  30. ^ CDPQ (2016年4月22日). “Réseau Électrique Métropolitain”. CDPQ. 2016年4月閲覧。
  31. ^ スタジアムはストライキのため建設が遅れ、オリンピック開催時未完成で使用された。







モントリオールと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「モントリオール」の関連用語

モントリオールのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

原油

ジョデイ・シェクター

RVR

カリーナ

フレア加工

キャロル

サニー

トーションビームリヤアクスル





モントリオールのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのモントリオール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS