ステンレスとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 性質 > ステンレス > ステンレスの意味・解説 

ステンレス [2] 【stainless】

〔銹(さ)びない,の意〕

ステンレス

ステンレスとは1912年発明され、少なくとも12%以上のCr含有した合金鋼総称です。ステンレスの比重質量)は、7.7~8です。(鋼種によって異なります。)
語源ステイン(Stain)しみ,汚れ、とレス(Less)より少ないとの造語で、錆びないということではなく錆びにくい金属といえます。
Cr含ませると、酸化するよりも先にCr酸化し、表面全体酸化クロムの膜ができます。これが「不動態被膜」と呼ばれているものです。この膜は無色透明でとても薄いのですが、化学変化しにくいとても強固物質です。また、密度が高く酸素を通さないので錆の発生防ぎます。この不動態皮膜加工切断などでキズついても、Crがあれば空気中の酸素結合してすぐ再生します。
添加元素配合により数多く種類があり、耐食加工磁性などそれぞれの特徴強化され、より多く用途使用できるように改良されています。
めっきや塗装をしなくても良く屋外湿気のある場所、化学薬品を扱う機械器具厨房設備構造物鉄道車両外面などに用いられます。
俗にステンレス鋼は、ステンレスの略で「ステン」とか、SUSローマ字読みでサス」と呼ばれています。

ステンレス

耐食耐酸性優れているため錆びにくい金属防水照明器具多く使われる。

ステンレス

錆にくくするために、クロムニッケル含ませ合金鋼の事。日本工業規格(JIS)においてSUSと略されるため、建築業界ではSUSという。耐食性が高い事も特徴である。

ステンレス

ベースとして、クロムニッケルなどを添加した合金。英語では「STAINLESS STEEL」(ステンレス スチール)と書き、「STAINLESS」の「STAIN」は「サビ」、「LESS」は「ない」と言った意味で、錆びにくいことが大きな特長。ステンレスの表面にできる不動態被膜腐食や、酸化などから金属保護する皮膜のこと。)によってサビを防いでいる。耐水性耐久性耐摩耗性・耐汚染性を備え美観に富む。シンク作業台のワークトップ天板)をはじめ、容器保管庫など、様々な製品部材使用されている。

ステンレス

ステンレス鋼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/31 03:13 UTC 版)

(ステンレス から転送)

ステンレス鋼(ステンレスこう、Stainless steel)は(Fe)を主成分(50%以上)とし、クロム(Cr)を10.5%以上含むさびにくい合金鋼である。「ステンレススチール」や「不銹鋼」(ふしゅうこう)、「ステンレス」、または「ステン」などと呼ばれる。JISにおいて主に「SUS」の略号が付けられる事から「サス」とも呼ばれる。


  1. ^ a b c 和田要著 『スチールの科学』 裳華房 1993年10月20日第1版発行 ISBN 4-7853-8585-5
  2. ^ a b 徳田昌則他著 『金属の科学』 ナツメ社 2005年12月28日初版発行 ISBN 4-8163-4040-8
  3. ^ a b “A non-rusting steel”. New York Times. (31 January 1915). 
  4. ^ A Proposal to Establish the Shipwreck Half Moon as a State Underwater Archaeological Preserve”. Bureau of Archaeological Research, Division of Historical Resources, Florida Department of State (2000年5月). 2015年7月13日閲覧。
  5. ^ ThyssenKrupp Nirosta: History”. 2007年8月13日閲覧。
  6. ^ German Patent Office: Deutsches Reichspatent Nr. 304126, erteilt am 18. Oktober 1912
  7. ^ German Patent Office: Deutsches Reichspatent Nr. 304159, erteilt am 21. Dezember 1912
  8. ^ Carlisle, Rodney P. (2004) Scientific American Inventions and Discoveries, p. 380, John Wiley and Sons, ISBN 0-471-24410-4
  9. ^ Howse, Geoffrey (2011) A Photographic History of Sheffield Steel, History Press, ISBN 0752459856
  10. ^ Cobb, Harold M. (2010). The History of Stainless Steel. ASM International. p. 360. ISBN 1-61503-010-7. 
  11. ^ Moneypenny, J.H.G. (1921年). “Unstainable Steel”. Mining and Scientific Press. http://archive.org/details/miningscientific122sanfuoft 2013年2月17日閲覧。 
  12. ^ Bonnier Corporation (1930). Popular Science. Bonnier Corporation. pp. 31–. ISSN 01617370. http://books.google.com/books?id=sygDAAAAMBAJ&pg=PA31. 


「ステンレス鋼」の続きの解説一覧

ステンレス

出典:『Wiktionary』 (2010/11/08 00:32 UTC 版)

名詞

ステンレス

  1. ステンレス鋼のこと。

発音

ス↗テ↘ンレス

語源

  • 英語:stainless.

関連語






ステンレスと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ステンレスに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ステンレス」の関連用語

ステンレスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

HIDランプ

シンク

ゾーニング

カリビアファン

ワインオープナー

ピンホールダウンライト

キッチンパネル

古味仕上





ステンレスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
丸ヱム製作所丸ヱム製作所
© 1998-2016 Maruemu Works Co,. Ltd. All rights reserved.
大光電機大光電機
Copylight 2016.DAIKO ELECTRIC CO.,LTD.All rights reserved.
リフォーム ホームプロリフォーム ホームプロ
Copyright(c)2001-2016 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
ナスラックナスラック
COPYRIGHT © 2016 NASLUCK ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのステンレス鋼 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのステンレス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2016 Weblio RSS