髭 国家・宗教におけるヒゲ

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 髭の解説 > 国家・宗教におけるヒゲ 

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/03/27 08:46 UTC 版)

国家・宗教におけるヒゲ

宗教

非世俗的イスラム教圏

ハディース集の『サヒーフ・アル=ブハーリー』に、異教徒と区別するため顎髭を伸ばして、鼻ヒゲをそるように書かれている[5]

非世俗的イスラム教圏には、ハディースに「イスラム教徒の生活規範として男性はヒゲを生やしなさい」と書いてあるため、イスラム教圏にはヒゲを生やした男性=一人前の男性として認められる文化がある[6]

しかし、イスラム教国でも西洋的な服装・文化が普及した地域社会では、顎髭を一切剃毛せずに完全伸ばしたままのイスラム原理主義様式はあまり励行されず、ウラマーを除いては顎髭を刈ったり剃ったりすることも多い。2010年代ISIL(ISIS)を始めとするイスラーム過激派のテロリズムが活発化している中東などでは、ヒゲを整えることを嫌う過激派と同一視されたくないと考えるムスリム男性が、意図的に髭を伸ばさず顎髭も剃る事例もある[7]。トルコは世俗主義を国是としているが、非世俗主義者の支持を得たいエルドレアン大統領のもとで世俗主義が後退しているものの[8][9]、近隣のシリアとイラクの国土のかなりの部分をISISが支配下に置いていて、国内でテロも起きた中で、ヒゲを剃る理髪店が盛況している[7]

イスラム原理主義

イスラム原理主義では男性の髭剃りを禁忌としている。イスラム強硬派のタリバンは、男性のひげ整えや剃毛を批判し、無処理でそのままにするよう要求している[10]。 1996年から2001年の間、アフガニスタンを統治するタリバン政権は、国内の男性がヒゲを剃ることや整えることを禁止していた。そのため、2001年にタリバン前政権が崩壊して以降、アフガニスタン・イスラム共和国の男性の間でヒゲ無しや整えるヘアサロンの人気が高まっていた。2021年から再びアフガニスタンを統治するタリバン政権はヒゲを剃ることや整えることを禁止し、宗教警察が違反者を処罰している。路上でタリバン戦闘員に狙われたくないため、アフガニスタンの男性はひげを一切剃らずにタリバンのような風貌になって、溶け込もうとしている[10]

世俗的イスラム国家

イスラム圏では、成人男子はひげを生やす文化や慣習があるが、エジプトムバラク元大統領マレーシアマハティール首相などはムスリムが多数を占める国家の最高権力者でありながらひげがなかったことからわかるように、イスラム圏でも世俗的な国家では成人男子でもひげを生やさない人もいる

ユダヤ教

ユダヤ教ではレビ記19:27で髭を損なうことを禁じており、一般に正統派ユダヤ教徒は髭を蓄えている。一方で律法の伝統的解釈には、禁じられているのは一枚刃の剃刀の使用であり、二枚の刃を用いるはさみの使用は問題ないというものもある。さらに電動シェーバーも一枚刃状でなければ許されるという敷衍解釈もある。

また、レビ記21:5にもヒゲをそることを禁じている記述がある。

キリスト教

キリスト教はレビ記も聖書に含めているものの、西方教会の多くでは髭を剃ることが多い。しかしアーミッシュフッター派では未婚男子は髭を剃り、既婚男性は髭を伸ばす。東方教会聖職者修道士は髭を伸ばすことが多い。モルモン教の生活規範では、特に若い男性はきれいに髭を剃ることが求められる。

初期のキリストは、ヒゲの生えてない姿で描かれていた[11]

シク教

シク教では創造主への敬意と教団の表象として、髭と髪は切らない。

国・地域

日本

荒木村重浮世絵
1931年、ドイツの女性飛行士マルガ・フォン・エッツドルフの叙勲に立ち会う長岡外史(左から2人目)。非常に長い髭が見て取れる。
ブロニスワフ・ピウスツキが撮影したアイヌ。彼らは伝統的に髭を蓄えていた。
演劇用付け髭各種

日本では、中世から江戸時代初頭にかけて、武士は髭を蓄えることは当然とされ、髭のない武士は嘲笑された。そのため、髭の薄い者(豊臣秀吉など)には付け髭をつけることが行われた。この髭を生やす流行は江戸時代初期まで続いた。

一方、江戸幕府が安定期に入り、文治政治の時期に入ると、戦国の気風が幕府に対する謀反の心として警戒されるようになり、大名に髭を剃ることが奨励され、「風紀を乱す」として禁止されるに至った。徳川家綱の時代には大髭禁止令が発せられ、多くの武士も髭を剃るようになり、月代とともに、17世紀中頃までに定着するようになった。ただし、例外的に山吉新八郎のように、顔の傷を隠すことを理由に髭を蓄えることを仕官先から認められていたとされる事例も存在する。江戸時代には、髭を蓄えることは、降職した武士などの一種の服喪の表現であり、髭を蓄えた人間はどこかしら「卑しい人間」というイメージがあった[12]

江戸時代の「鎖国」(海禁)体制のもとでは、アイヌ民族が居住する蝦夷地(アイヌモシリ)は、日本から見て「蛮族の地」として扱われた。17世紀半ば以降の日本では、髭を生やさないことが文明人たる日本人の常識とされていた。そのため、当時の日本人の絵画で、髭を生やしかつ髷を結わない野蛮人としてアイヌが描かれたことは、日本人のアイヌに対する偏見や蔑視感の形成及び強化につながった。また、西洋人に対する蔑称である「毛唐」も、当時の日本人からみて、髭を生やすことを「野蛮」とみなす常識を背景として作られた言葉である(ロナルド・トビ『「鎖国」という外交』小学館、2008年)。一方でアイヌ民族の社会では、豊かな髭は誇るべきものであり、髪を切り髭を剃る行為は神に対する不敬とされていた。

西洋では18世紀頃から、特にヴィクトリア朝イギリスで髭を蓄えることが流行し、日本でも明治時代にはその影響から地位の高い男性の間では再び髭を蓄えることが流行した。長岡外史などは、殊の外、髭を大事にしており、70cmにも達する「プロペラ髭」と呼ばれる長大な髭を蓄え、それを自慢していた。明治の高官や知識人たちが洋行しはじめた20世紀初頭になると、西洋では髭は時代遅れになりつつあるだけでなく、「下層階級」の象徴にもなっていたため、西洋の風習と思って髭をたくわえた日本人エリートたちを驚かせた[12]

髭を生やすことを就業規則や服務規程で禁止していない場合、髭を生やしていることを理由に、昇格・昇給などの査定で不利益な扱いをすることや、解雇・停職・降格・減給などの懲戒処分をすることは、人権侵害という判例がある[13][14]

日本労働組合総連合会は2019年11月15日、職場での身だしなみのルールに関し働いている男女1000人にアンケート。ルールがあるとしたのは571人。髭に関する決まりがあると答えた人も多い。ルールに違反した場合、処分があるとしたのは111人。始末書提出や解雇や契約打ち切りのケースもあった。身だしなみのルールについて最低限で良いが549人。本人に任せるべきが181人と続いた[15]

アメリカ

アメリカでは、1900年代になると、髭を剃ることはプロフェッショナリズムと清潔さを示すものとされ、男性は職場で髭を剃ることが義務づけられた。ニューヨーク州サフォーク郡では、警官は顎髭の長さは襟よりも上までとし、口髭は唇を覆わないように整えなければならないという規則を設けた。これに反発した警官たちは裁判を起こしたが、1976年に裁判所は労働者の髭の規則は雇用主が決められるという判決を出した。マサチューセッツ州では、警官の髭を禁止しており、これも1992年に裁判が起こったが、やはり髭の規制は支持された[16]

ロシア

ロシアの大貴族には長い髭を生やす習慣があったが、ピョートル大帝は西欧化政策の一環として髭に課税(ヒゲ税)し、西欧風に切ることを奨励した。

中国

「老成」を尊ぶ儒教の影響もあり、漢民族の伝統的な美意識では、中高年の君子は立派な鬚をたくわえるのが良いとされてきた。例えば「文神」である孔子も、「武神」である関羽も、歴代の皇帝たちも、中国の塑像や絵画では、ひげを伸ばした中高年男性の姿で描かれることが多い。中国の伝統演劇である京劇では、長いひげを伸ばした役柄は「老生」ないし「鬚生」と呼ばれ(「生」は男の意)、芝居の主役を張る重要なキャラクターである[17]。近現代の中国では、髭に対する美意識は欧米文化の影響を受け、大きく変わった。

新疆ウイグル自治区では、ムスリムに対し通常の礼拝を除く宗教行為を制限しており、ムスリムの男子が一定以上の髭を生やすことも宗教行為として禁じている[18]


  1. ^ 思春期の発現・大山建司
  2. ^ https://courrier.jp/news/archives/43921/
  3. ^ Nihal Arthanayake; Jimmy Blake (2014年2月21日). “Newsbeat - Bearded woman: I’m confident and I love myself” (英語). BBC. http://www.bbc.co.uk/newsbeat/26286506 2014年3月28日閲覧。 
  4. ^ “全米で「ひげ」が大流行? 植毛手術が急増中”. CNN. (2014年3月20日). http://www.cnn.co.jp/showbiz/35045469.html 2014年3月28日閲覧。 
  5. ^ 山根, 聡「『ムハンマドのことば:ハディース』 小杉泰編訳、岩波文庫、2019 年」2020年、doi:10.34389/ritsumeikanasiajapan.0.1_172 
  6. ^ モロッコ人の男性が「ヒゲ」を生やす理由 | びっくりカーテン”. www.bicklycurtain.com. 2022年9月20日閲覧。
  7. ^ a b アイリッシュ・オガラ (2015年8月12日). “「俺はISじゃない」と髭を剃るムスリムたち”. ニューズウィーク. http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2015/08/post-3839.php 2015年9月12日閲覧。 
  8. ^ トルコ・エルドアン政権期における民主主義の進展と後退 | 研究プログラム”. 東京財団政策研究所. 2022年9月20日閲覧。
  9. ^ トルコ、「禁酒令」で揺らぐ世俗主義”. 日本経済新聞 (2021年5月13日). 2022年9月20日閲覧。
  10. ^ a b タリバン、男性のひげを剃ったり整えることを各地で禁止 イスラム法解釈に違反と」『BBCニュース』。2022年9月20日閲覧。
  11. ^ 【寄稿】イエス・キリストの本当の姿は? 長髪にひげは本当か”. BBCニュース. 2024年2月24日閲覧。
  12. ^ a b 差別化という模倣―明治期洋行エリートの身体の“西洋化”と人種的限界眞嶋亜有、国際日本文化研究センター, 2007.12.20.
  13. ^ ひげで低評価は人権侵害 郵便事業会社に勧告2008/07/15 共同通信
  14. ^ ひげ理由に低い人事評価 郵便会社側に賠償命令 朝日新聞 2010年3月26日
  15. ^ 2019年11月16日中日新聞朝刊29面
  16. ^ DINA FINE MARON (2024年1月3日). “ひげ剃りの習慣はいつから? 知られざる奇妙な盛衰の歴史”. ナショナルジオグラフィック: p. 2. https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/23/111500581/ 2024年1月4日閲覧。 
  17. ^ 加藤徹著『京劇 政治の国の俳優群像』中央公論新社,2002年
  18. ^ カメラが見たテロ多発地域、新疆ウイグル自治区の現状”. TBS News i. TBSテレビ (2015年9月8日). 2015年9月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月21日閲覧。
  19. ^ 日本国語大辞典,デジタル大辞泉, 精選版. “チャップリン髭とは”. コトバンク. 2022年12月23日閲覧。
  20. ^ Floyd, Evan L.; Henry, J. Blake; Johnson, David L. (2018-04-03). “Influence of facial hair length, coarseness, and areal density on seal leakage of a tight-fitting half-face respirator” (英語). Journal of Occupational and Environmental Hygiene 15 (4): 334–340. doi:10.1080/15459624.2017.1416388. ISSN 1545-9624. https://www.tandfonline.com/doi/full/10.1080/15459624.2017.1416388. 
  21. ^ SFU STUDY BUSTS MYTH ABOUT FACIAL HAIR ON PILOTS” (英語). www.sfu.ca. 2024年2月24日閲覧。
  22. ^ 『はかりきれない世界の単位』株式会社創元社、2017年6月20日、99頁。 
  23. ^ IBA Rules update on in-competition beards a welcome change for athletes” (英語). IBA (2023年1月16日). 2024年2月25日閲覧。
  24. ^ 【IBA】あごひげを条件つきで正式解禁 – 日本ボクシング連盟”. 2024年2月25日閲覧。
  25. ^ 山下翔悟. “ヤンキースの「ひげ禁止ルール」を元選手が批判「ばかげていると思っている優秀な選手は多い」 - MLB : 日刊スポーツ”. nikkansports.com. 2024年2月25日閲覧。
  26. ^ 日本ハム・中田翔はトレードで巨人移籍 ヒゲ&茶髪禁止で風貌も一新へ!?:中日スポーツ・東京中日スポーツ”. 中日スポーツ・東京中日スポーツ. 2024年2月25日閲覧。
  27. ^ 相撲協会、験担ぎのひげ禁止に 「汚い」「見苦しい」:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル (2019年2月26日). 2024年2月25日閲覧。
  28. ^ 小項目事典, 精選版 日本国語大辞典,デジタル大辞泉,普及版 字通,ブリタニカ国際大百科事典. “鯨鬚(くじらひげ)とは? 意味や使い方”. コトバンク. 2023年3月11日閲覧。
  29. ^ セイウチのひげは何のため?”. natgeo.nikkeibp.co.jp. 2024年2月24日閲覧。
  30. ^ アザラシ、ひげで水流を捉えて魚を探す 極地研など解明”. Science Portal - 科学技術の最新情報サイト「サイエンスポータル」. 2024年2月24日閲覧。
  31. ^ Asdell, S. A.; Smith, A. D. Buchanan (1928-09). “INHERITANCE OF COLOR, BEARD, TASSELS AND HORNS IN THE GOAT” (英語). Journal of Heredity 19 (9): 425–430. doi:10.1093/oxfordjournals.jhered.a103037. ISSN 1465-7333. https://academic.oup.com/jhered/article/774173/INHERITANCE. 
  32. ^ Fritz, William F.; Becker, Susan E.; Katz, Larry S. (2021-03-01). “Urine from domesticated male goats (Capra hircus) provides attractive olfactory cues to estrous females”. Applied Animal Behaviour Science 236: 105252. doi:10.1016/j.applanim.2021.105252. ISSN 0168-1591. https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0168159121000393. 





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「髭」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
98% |||||

6
98% |||||

7
98% |||||

8
98% |||||

9
78% |||||

髭のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



髭のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの髭 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS