パウ・ガソル 家族・生い立ち

パウ・ガソル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/01 09:27 UTC 版)

家族・生い立ち

両親と弟2人の5人家族。パウは長男にあたる。父は190cm、母は185cmある。

看護師の父親(Agustí Gasol/アグスティ・ガソル)と、医師の母親(Marisa Sáez/マリサ・サエス)の長男として生まれる。両親は共にスペイン国内プロリーグの下部組織でプレー経験のある元バスケットボール選手。医学一家に産まれたパウは幼い頃から母親に医療や医学について教えられてきた。そのことが、スポーツ選手としてのパウ自身の成長に役立った。親は彼に医学系の道へ進んで欲しかったが、パウの類まれなバスケの才能がそれを許さなかった。

4歳年下の次男(マルク・ガソル)も、同じくプロバスケットボール選手で[3]スペイン代表2008年からは同じNBAメンフィス・グリズリーズに加入した。

スペイン時代

下部組織時代

7歳の時に生まれ故郷のサン・ボイ・ダ・ジョブレガットのバスケチーム(Cantera Basquet Llor Sant Boi)に入団し、バスケットボールを始める。その後、10代始めにCBコーネリアというバスケチームに移籍。この頃の彼の身長は185cmで、ポイントガードを務めていた。これら国内下部リーグのユースチームでの活躍が目に留まり、16歳で国内トップリーグの名門FCバルセロナのユースチームにスカウトされる。

FCバルセロナからのスカウトをきっかけに、彼のキャリアは大きく飛躍することになる。まず、FCバルセロナのユースチームでジュニアリーグ制覇。
1998年、ミュンヘンで開催されたジュニア国際大会(アルバート・シュヴァイツァー・トーナメント)でスペインのジュニア代表として参加し優勝。同年、ヴァルナ (ブルガリア)で開催されたU-18欧州選手権にU-18スペイン代表として参加し優勝。

プロデビュー(FCバルセロナ)

1999年に、18歳でFCバルセロナのトップチームに昇格しプロデビュー。これが「自分の未来はプロバスケットの世界にある」と決心させた。
同年夏にリスボンで開催されたジュニア世界選手権にU-18スペイン代表として参加。フアン・カルロス・ナバーロラウル・ロペスフェリペ・レジェスカルロス・カベサスらを擁したスペインは決勝戦で、ニック・コリソンボビー・シモンズ、キーオン・ドゥーリングらを擁するU-18アメリカ代表を倒し見事優勝。後にこのスペインの世代は黄金世代(Golden Boys)と呼ばれるようになる。

リーガACBでのラストシーズンとなった2000-2001シーズンは圧巻だった。国内リーグ(リーガACB)とスペイン国王杯(コパ・デル・レイ)の両方を制し、両方でMVPを受賞した。特に、スペイン国王杯の決勝戦(vsレアル・マドリード・バロンセスト)では、スペイン史上有数の選手でスペイン代表のアルベルト・エレーロス相手に、10代ながら堂々のプレイをし、26点を獲得した。この試合にNBAのスカウト達も注目し、ガソルにコンタクトを取った。 これら国内リーグでの活躍と1999年のジュニア世界選手権優勝。この二つがガソルにNBA行きを決心させた。

2001年のNBAドラフトにエントリーすることを決意したガソルだったが、FCバルセロナとの契約がまだ残っていたため違約金が発生した。パウはこの違約金の一部を自ら支払っている。それ程までにガソルはNBAに挑戦したかったのである。

NBA

メンフィス・グリズリーズ

メンフィス時代のパウ

2001年のNBAドラフトアトランタ・ホークスから全体3位指名を受けた後、シャリーフ・アブドゥル・ラヒームとのトレードでメンフィス・グリズリーズ入りを果たした。1年目は、言葉や生活習慣の違いに苦労したが、両親をアメリカに呼び寄せたり、同期のシェーン・バティエと親交を深めたりすることで、生活面の不安は徐々に減っていった。 プレー面では、当時まだ線が細かったため、守備でパワー負けすることはあったが、オフェンススキルのセンスと多彩さはNBAでも即戦力で、安定したプレーを見せ、1年目から平均17.6点,8.9リバウンド, 2.7アシストとチームの中心選手となる活躍をし、2001-2002シーズンの新人王を受賞した。

しかし、グリズリーズはリーグの最下層チームとして低迷。デビュー2年はプレーオフにも出場できずにいたが、ヘッドコーチが名将、ヒュービー・ブラウンに交代したのをきっかけに、チーム成績は上昇。2003-2004シーズンにフランチャイズ史上初のプレーオフ進出を果たした。このときガソルの成績は下降したが、ブラウンが10人ローテーションを行ったためである。しかしながらプレーオフではファーストラウンド敗退に終った。続く2004-2005シーズンも8位シードながらプレーオフに進出するが、またしてもファーストラウンド敗退の苦汁をなめている。

2005-2006シーズンは、大幅な入れ替えを行ったチームの大黒柱として奮起。キャリア最高の数字を残し、自身初のNBAオールスターゲーム出場を決めた。これまではヨーロッパ出身者特有の、ビッグマンながら柔らかいシュートタッチが持ち味の1つだったが、このシーズンはアシストにも開眼。前シーズンに比べ2本以上の上昇を果たした。またチームは3年連続でプレーオフ進出を果たした。しかし、またしても1勝もできずに1回戦敗退。大黒柱として苦しい経験を味わうことになった。

世界選手権での負傷(後述)によって、2006-07シーズンの開幕には間に合わせることができなかった。当初は年明けの2007年1月の復帰と報じられたが、12月15日のアトランタ・ホークス戦で復帰。徐々に出場時間を延ばして試合感覚を戻していった。

ロサンゼルス・レイカーズ

08年NBAファイナル第2戦にてダンクをするガソル

2007-08シーズン途中の2月、プレーオフに向けてクワミ・ブラウンジャバリス・クリッテントン、引退していたアーロン・マッキーの契約権、将来のドラフト1巡目指名権2つとのトレードでロサンゼルス・レイカーズに移籍した[4]。レイカーズが大きな損失無く大幅な補強に成功したこのトレードは、その他のウェスタンカンファレンスの強豪チームに危機感を抱かせ、その後のシャキール・オニールショーン・マリオンジェイソン・キッドカート・トーマスなどの大物選手のトレードの呼び水となった。ガソルの加入によりレイカーズは躍進を遂げ、彼自身は初めてプレーオフで勝利し、勢いのまま自身初のNBAファイナルに進出。ファイナルではボストン・セルティックスに敗れたものの、続く08-09シーズンには決勝でオーランド・マジックを破って優勝した。ガソル自身は相手のエースのドワイト・ハワードをレギュラーシーズン以下の成績に押さえ込む一方で、FG成功率は60%超えを記録するなど攻守にわたって活躍した。更に09-10シーズンもファイナルに出場。ボストン・セルティックスとの再戦となったこの戦いでは活躍を見せ、見事に連覇に貢献した。

シカゴ・ブルズ

2014年7月12日、シカゴ・ブルズへの移籍が発表された[5]。2015年1月11日のミルウォーキー・バックスとの対戦で、キャリアハイの46ポイントを記録した。[6]2015年1月22日には、NBAオールスターゲームのスターターにも選出され、弟のマーク・ガソルとのオールスターゲームでの共演が実現した。

サンアントニオ・スパーズ

2016年7月4日、サンアントニオ・スパーズと2年3000万ドルで契約。3度目のNBAチャンピオンへの最後のチャンスに挑むことになった[7]。加入1年目の2016-17シーズンは、開幕から、ティム・ダンカンに替わるスターターとして39試合に出場し、オフェンスでの貢献はあるものの、ディフェンスに関しては引退直前であった昨シーズンのダンカンに及ばず、出場時間が限定されていた。2017年1月19日のデンバー・ナゲッツ戦前のウォームアップ中に左手第4中手骨を骨折し、長期の欠場を余儀なくされた[8]。オールスターゲーム後に戦線復帰。シーズン最終戦のユタ・ジャズ戦で通算20000得点を記録し、ダーク・ノヴィツキーに次ぐ ヨーロッパ出身選手の通算20000得点 、更にカリーム・アブドゥル=ジャバーティム・ダンカンケビン・ガーネットに次ぐ、リーグ史上4人目の 通算20000得点 15000リバウンド 3500アシスト 1500ブロックショット を達成した[9]

2017年7月に1度スパーズとの契約を解消したが、21日に3年4800万ドルで契約を結び直した[10]

ミルウォーキー・バックス

2019年3月2日、サンアントニオ・スパーズとの契約バイアウトに合意した。その2日後の4日、ミルウォーキー・バックスと契約。移籍前から左足の怪我に悩まされていたが、5月10日に疲労骨折していた左足を手術し、プレイオフの残りを全休することが報じられた。移籍後の出場試合はレギュラーシーズンの3試合のみとなった。

母国に復帰

2021年2月21日、古巣のFCバルセロナと契約し、現役復帰を果たした[11]




  1. ^ Pau Gasol vs. Marc Gasol: Tale of the Tape”. bleacherreport.com (2012年3月12日). 2020年11月26日閲覧。
  2. ^ 2015年は、マルク・ガソルとNBA初の兄弟同時出場
  3. ^ Right Name, Wrong Genes: The Top 50 Less Talented Relatives of Superstars”. bleacherreport.com (2010年9月7日). 2012年3月25日閲覧。
  4. ^ NBA情報室
  5. ^ パウ・ガソルがブルズ移籍を発表”. AFPBB (2014年7月13日). 2014年7月13日閲覧。
  6. ^ Gasol powers Bulls past Bucks, 95-87”. NBA.com. Turner Sports Interactive, Inc. (2015年1月10日). 2017年1月11日閲覧。
  7. ^ Pau Gasol is signing with the Spurs a two-year, $30 million contract
  8. ^ Spurs' Pau Gasol underwent hand surgery, expected to miss at least one month
  9. ^ Pau Gasol becomes second European player to score 20.000 points in the NBA
  10. ^ Pau Gasol has agreed on a three-year deal to return to the San Antonio Spurs
  11. ^ ポウ・ガソルがバルサに復帰! 東京五輪出場に意欲”. SPORT.es.jp (2021年2月21日). 2021年2月28日閲覧。






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「パウ・ガソル」の関連用語

パウ・ガソルのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



パウ・ガソルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのパウ・ガソル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS