DWIとは?

DUI

別名:DWI、Driving While IntoxicatedDriving While Impaired
英語:Driving Under the Influence

米国における、飲酒あるいは薬物服用後に車などを運転す行為呼称。DUIは、米国多くの州で犯罪行為とされている。ここでの「薬物」には、麻薬覚醒剤などの違法薬物のほか、判断力低下させる成分を含む、通常の薬物も含まれている。「DUI」と「DWI」の語は、州によっては異なる定義がされていることもあるが、同義語として用いられている州も多い。

日本では酒気帯び運転酒酔い運転などは道路交通法違反とされているが、米国のDUIは刑法違反とされている。罰金だけでなく保釈金弁護士費用講習費用などがかかり、アメリカ自動車協会AAA)によると、初犯場合支払い総額は約1万2千ドルに及ぶという。また、犯罪者データベースに登録されるなどして逮捕歴が残ることから、採用自動車保険契約出入国などにも悪影響が及ぶことがあり、日本よりも罰則が重いとされている。

また、米国ではDUIを犯した者に対して処罰だけでなく、教育治療重視しているのが特徴的といえる。「DUIコート」と呼ばれるDUI専門簡易裁判所では、判決中に教育プログラムカウンセリングなどの治療の要素盛り込んでいる。

2014年1月現在、DUIを犯罪行為としている全ての州では、DUIの基準として0.08%の血中アルコール濃度BAC)を採用しており、その基準を超えた場合逮捕および免許没収となる。しかし、被疑者21未満場合には、0.08%に満たないごく微量アルコール検出された場合にも、逮捕および免許没収となる。簡易呼気テスト拒否は即逮捕となり、検査拒否理由に刑が加重されることもある。

拡散強調画像

(DWI から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/03/10 21:16 UTC 版)

拡散強調画像(かくさん(きょうちょう)がぞう、diffusion (weighted) image, DWI)とは、核磁気共鳴画像法 (MRI) のシーケンスの一種で、水分子の拡散運動を画像化したものである。通常用いられるスピンエコー法のパルス系列では拡散による信号の減衰は無視できるが、大きな傾斜磁場が長時間にわたって印加されると、その間の各磁化ベクトルの移動によって生じる位相のずれが無視できなくなり、拡散が活発な領域ほど低信号として現れる。こうして得られた画像を拡散強調画像とよぶことがある。また、スピンエコー法のパルス系列において、傾斜磁場の強さや印加時間を変えることによりディフェージングの効果を付けて得られた複数の画像から、見かけ上の拡散係数 (apparent diffusion coefficient, ADC) を求めて画像化することができ、これを拡散(係数)画像 (ADC map) とよぶ。




「拡散強調画像」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「DWI」の関連用語

DWIのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



DWIのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの拡散強調画像 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS