高橋箒庵とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 人名 > 美術人名辞典 > 高橋箒庵の意味・解説 

高橋義雄 (茶人)

(高橋箒庵 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/14 08:22 UTC 版)

高橋 義雄(たかはし よしお 、1861年10月2日文久元年8月28日) - 1937年昭和12年)12月12日)は、日本の実業家。茶人・高橋 箒庵(そうあん)としても知られる。


  1. ^ 新撰 芸能人物事典 明治~平成
  2. ^ a b c 父・常彦は水戸藩士(下級武士)とされるが、『人事興信録. 2版』(人事興信所, 1911)高橋義雄の項によれば、(戸籍上)士族でなく茨城県平民。
  3. ^ a b c d 「文人実業家高橋義雄の生涯」(外部リンク参照)
  4. ^ a b c 高橋義雄『豪商の雇人時代 : 商人立志』墨堤隠士 著 (大学館, 1905)
  5. ^ a b c 『実業懺悔』高橋義雄 著 (箒文社, 1915)
  6. ^ a b 慶應義塾・福沢諭吉 時事新報史 第12回:水戸出身記者の入社都倉武之、慶応義塾大学出版会、2007年1月31日
  7. ^ 神野由紀『趣味の誕生』(1994年、勁草書房)pp39-47。
  8. ^ 高橋義雄氏番町邸の庭『名園五十種』
  9. ^ 高橋箒庵(読み)たかはし そうあんコトバンク
  10. ^ 伊藤隆編 『山県有朋と近代日本』 吉川弘文館 2008年 についての小宮一夫による 書評
  11. ^ 岡本永司「護国寺の歴史について」pp15-17(村磯良美(文京アカデミー)企画・編集『護国寺とぶんきょう』文京アカデミー、2008年所収)。
  12. ^ 大井健地「支那絹の前にたつ岡田八千代 : 近代日本のある男性画家と女性小説家の夫婦別居をめぐって : 作品をとおして」『藝術研究』第1号、広島芸術学研究会、1988年7月、 11-23頁、 ISSN 0914-9872NAID 120003019173


「高橋義雄 (茶人)」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

高橋箒庵のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



高橋箒庵のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2022 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの高橋義雄 (茶人) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS