育成牛とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 動物 > 育成 > 育成牛の意味・解説 

育成牛


子牛を成牛まで育てることを「育成」といい、乳牛の場合、生まれてから初回分娩までの期間指しますが、一般に離乳するまでの牛を「哺育牛」(哺乳牛)、離乳から初回受胎までの牛を「育成牛」、 受胎から初産までの牛を「未経産牛」(初妊牛)と呼んでます。


育成牛


育成牛

育成牛の発育善し悪しは、繁殖能力や乳の分泌能力影響するといわれ、酪農技術重要な ポイントになっています
育成は、

  1. 肢や蹄の丈夫な耐久力のある
  2. 消化能力優れた食い込み良い
  3. 繁殖成績良く乳量の多い牛を育てること
目標とします


育成牛


育成牛

5〜6カ月齢までは 育成牛専用牛舎飼われますが、第一胃発達した発酵活発になり 飼料が十分消化できる)牛の育成は、放牧地出して自由に採食運動させます
本格的な放牧は、8〜10カ月以降で、牛が放牧地環境慣れるように始めは時間放牧とし、 徐々に全日放牧にしたり、飼料から青草にするなど、急激な変化避けて育てます


育成牛

搾乳行わず育成牛のみを飼養する農家のことです。現在、全酪農家の6%弱。 一戸当たり育成牛頭数も3〜4頭と少頭数です。

<ミルククラブ情報誌'94 WINTER vol.10より>

育成牛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 00:02 UTC 版)

乳牛」の記事における「育成牛」の解説

離乳からはじめて子牛を産むまでの期間を育成牛と呼ばれる生後14か月 - 16か月初めての人工授精が行われる。妊娠後、約9か月分娩する牛舎内で飼育される牛は運動量少ないため、自力で出産することが困難であり、人の介助必要であることが多い。寒冷地域での分娩では、畜主の監視外で自然分娩によって出生子牛が凍死することも少なくない

※この「育成牛」の解説は、「乳牛」の解説の一部です。
「育成牛」を含む「乳牛」の記事については、「乳牛」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「育成牛」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



育成牛と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

育成牛のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



育成牛のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
一般社団法人中央酪農会議一般社団法人中央酪農会議
(C) 2022 Japan Dairy Council All right reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの乳牛 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS