珠城山古墳とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 国指定文化財等データベース > 珠城山古墳の意味・解説 

珠城山古墳

名称: 珠城山古墳
ふりがな たまきやまこふん
種別 史跡
種別2:
都道府県 奈良県
市区町村 桜井市穴師
管理団体
指定年月日 1978.02.08(昭和53.02.08)
指定基準 史1
特別指定年月日
追加指定年月日
解説文: S52-12-038珠城山古墳.txt: 奈良盆地の東縁に美しい姿を見せ三輪山の北、巻向山の別峰穴師山の支脈が西にのび、平坦地接す丘陵端に3基の前方後円墳が営まれており、珠城山古墳群と呼ばれてきた。
 第1号墳は東面する前方後円墳で、後円部南側に開口する横穴式石室主体とし、墳丘全長53メートル後円部20メートル前方部32メートル前方部20メートル測る横穴式石室は、片袖式で、玄室長さ3.4メートル、幅は奥壁で1.65メートル、高さは約2メートル玄室中央には主軸合わせて凝灰岩製の組合式石棺が据えられている。内には遺骨一部残り玻璃小玉琥珀棗玉が、また外では、奥壁ぞいに須恵器土師器東側には馬具太刀配置され、また西側では甲冑のほか、見事な馬具検出された。これらの副葬品まことに豪華なものであり、石室内には埴輪片をみるなど、極めて優れた被葬者考えられる
 第2号古墳西向き前方後円墳である。全長75メートル前方部40メートル後円部40メートル後円部前方部より2メートルほど高く、本古墳群最大規模を誇る。埋葬施設不明であるが、その墳形からすれば、3基中、最も早く営まれたものと推察される。
 第2号古墳の西に所在した第3号の前方後円墳は、昭和33年の採土工事により消失してしまった。おそらく第2→第3→第1号古墳の順に築かれていった古墳群であり、箸墓崇神景行天皇陵など、顕著前・中期古墳群1系列として重要なものである
史跡名勝記念物のほかの用語一覧
史跡:  若松城跡  手宮洞窟  珠洲陶器窯跡  珠城山古墳  酒船石遺跡  首里城跡  寿福寺境内

日本の古墳一覧

(珠城山古墳 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/17 16:49 UTC 版)

日本の古墳一覧(にほんのこふんいちらん)は、日本に存在する、全国的に著名な古墳をまとめたもの。Category:日本の古墳も参照。


  1. ^ 梵天山古墳群|茨城県教育委員会
  2. ^ 『茨城県の地名』梵天山古墳群項。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「珠城山古墳」の関連用語

珠城山古墳のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



珠城山古墳のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2019 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本の古墳一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS