物理系凍結抑制舗装グルービング・弾性材充填型とは?

Weblio 辞書 > 建築・不動産 > 舗装技術の種類 > 物理系凍結抑制舗装グルービング・弾性材充填型の意味・解説 

物理系凍結抑制舗装(グルービング・弾性材充填型)

概要
 物理系凍結抑制舗装グルービング弾性充填型)は、アスファルト舗装半たわみ性舗装またはコンクリート舗装面にグルービング(幅6~12mm、深さ6~12mm、間隔25~60mmの溝)を行って、この溝の中に弾性のあるウレタン樹脂流し込んで仕上げ凍結抑制舗装です。
 舗装表面弾性部分作ることにより、冬期間中にみられる氷板の形成を、走行車両重量によって抑制したり、形成されても容易に破壊され飛散する機能を有しています。
特徴
● ウレタン樹脂弾性変形により、路面凍結抑制します
● 既設舗装にも施工することができます
● 除雪作業軽減します
■この工法紹介しているHP

鹿島道路(株)




物理系凍結抑制舗装グルービング・弾性材充填型

物理系凍結抑制舗装グルービング・弾性材充填型

物理系凍結抑制舗装グルービング・弾性材充填型







英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「物理系凍結抑制舗装グルービング・弾性材充填型」の関連用語

物理系凍結抑制舗装グルービング・弾性材充填型のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



物理系凍結抑制舗装グルービング・弾性材充填型のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
社団法人日本道路舗装建設業協会社団法人日本道路舗装建設業協会
Copyright (C) 2021 社団法人日本道路舗装建設業協会 All rights reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS