正法寺川北沢第十二号石堰堤とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 建物・施設 > 施設 > その他の施設 > 日本の砂防施設 > 正法寺川北沢第十二号石堰堤の意味・解説 

正法寺川北沢第十二号石堰堤

正法寺川北沢第十二号石堰堤
所在地
山形県天童市
構 造
重力石造堰堤
施設管理
山形県
施行年代
大正12年
文化財登録状況
原簿記載年月日 平成17年 7月12日
官報告示年月日 平成17年 8月 2日

文化財としての特徴 大正2年度の洪水被害を受けて、最上川水系倉津川合流する普通河川正法寺川の上流部に建設された砂防堰堤。幅29m、高さ3.0mの練積、谷積で築いた重力石堰堤で、わが国で築かれた初期の練積砂防堰堤です。また、周囲渓流景観によく馴染んでいます。


地図

[アクセス]東北中央自動車道 天童ICから車で約20
JR天童駅から車で約15
天童市役所から車で約15

※地図をクリックすると大きく表示されます。(pdfファイル 197K)

正法寺川北沢第十二号石堰堤

名称: 正法寺川北沢第十二号石堰堤
ふりがな しょうほうじがわきたさわだいじゅうにごういしえんてい
登録番号 06 - 0070
員数(数): 1
員数(単位):
構造 重力石造堰堤、堤長29m、堤高3.0m、土堤張石及び叩付
時代区分 大正
年代 大正12
代表都道府県 山形県
所在地 山形県天童市大字下荻野戸
登録基準 国土歴史的景観寄与しているもの
備考(調査): 山形県近代化遺産総合調査
施工者:
解説文: 第十石堰堤の約190m下流位置する。堤長29m,堤高3.0mの谷積の重力式練積堰堤で,上下流とも法勾配2分とし,堤体右岸側には土堤張石を付ける。当堰堤から下流では,通し幅が広めにとられる。わが国に築かれた初期の練積砂防堰堤



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

正法寺川北沢第十二号石堰堤のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



正法寺川北沢第十二号石堰堤のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
国土交通省河川局国土交通省河川局
Copyright© 2020 MLIT Japan. All Rights Reserved.
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2020 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS