対応のあるデータとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 統計学用語 > 対応のあるデータの意味・解説 

対応のあるデータ(対応のある標本 paired sample)

 以下のようなものである
	(1)同じ対象に対して条件を変えて何回測定したデータ

	         条件1    条件2    条件3
	対象 1   X11      X12      X13   ...   条件間の比較をする
	対象 2   X21      X22      X23   ...  
	対象 3   X31      X32      X33   ...  
	:        :        :

	(2)性・年齢などをマッチさせたいくつかの対象について測定したデータ

	         対象1    対象2    対象3
	ペア 1   X11      X12      X13   ...   対象間の比較をする
	ペア 2   X21      X22      X23   ...
	ペア 3   X31      X32      X33   ...
	:        :        :

対応のあるデータ


 対応のあるデータ(対応のある標本)とは,以下のようなものである
 対応のあるデータと対応のないデータには別々の統計手法用意されているので,適切な手法選択なくてはならない例えば,2つの比率の差を検定する場合には,対応のないデータ二群の比率の差の検定,対応のあるデータはマクネマー検定を用いる。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「対応のあるデータ」の関連用語

対応のあるデータのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



対応のあるデータのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
統計学用語辞典統計学用語辞典
Copyright (C) 2020 統計学用語辞典 All rights reserved.

©2020 Weblio RSS