客寄せパンダとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 客寄せパンダの意味・解説 

きゃく よせパンダ [5] 【客寄せパンダ】

動物園パンダ集客力があることから〕
人気知名度によって、人々ひきつけることだけに高い能力持っている存在を皮肉っていう語。人寄せパンダ
「客寄せパンダ」に似た言葉


客寄せパンダ

読み方:きゃくよせパンダ

イベントなどで特に人気がある、または、多くの人の興味関心を引く力があり、集客の要として扱われる存在イベント目玉動物園パンダを見に来る人が多いことに由来する表現

ジャイアントパンダ

(客寄せパンダ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/07 03:07 UTC 版)

ジャイアントパンダAiluropoda melanoleuca)は、哺乳綱食肉目クマ科ジャイアントパンダ属に分類される食肉類。にはっきりと分かれた体毛が際立った特徴である。


注釈

  1. ^ 飼育個体は世界各地に存在するが、極めて少数。
  2. ^ イギリス人冒険家によってに発見された。
  3. ^ 例えば、Krämer, Karl-Heinz. Nepli-English Dictionary.
  4. ^ 同様に、"A Comparative and Etymological Dictionary or the Nepali Language (online version)".
  5. ^ 別資料の表現では、ヒマラヤ南東部のチベット・ビルマ語派言語に起源あり。→panda” (英語). Dictionary.com. 2010年5月3日閲覧。
  6. ^ 学研が1968年に発行した『原色現代科学大事典』の第5巻では巻末の和名―学名表で「オオパンダ Ailropoda melanoleuca」とあり、本文解説の「オオパンダ」の項目に和名の横にカッコ書きで小さく「ジャイアントパンダ・イロワケグマ・シロクログマ」表記が見られる。
    (『原色現代科学大事典 5動物II』、宮地伝三郎(責任編集者)、株式会社学習研究社、昭和43年、p.539・607。)
  7. ^ 上野動物園で死亡したジャイアントパンダはすべて標本として保管されており、フェイフェイ、トントン、ホァンホァンの3頭の剥製は同じく上野恩賜公園内にある国立科学博物館で、ランラン、カンカンの2頭の剥製は多摩動物公園で展示されている。2008年12月23日から2009年4月5日には、国立科学博物館にて『初公開!はく製リンリン-上野のパンダ全員集合』と題した展示が行われ、7頭すべて(ランラン、カンカン、フェイフェイ、ホァンホァン、トントン、リンリンの6体は剥製、チュチュは液浸標本)の標本が集められ、公開された。
  8. ^ 歴史的史料において、日本書紀巻廿十六、斉明紀四年に「是歳、越国守阿倍引田臣比羅夫、討粛慎、献生羆二、羆皮七十枚」との記述があり、これを元に解釈した本(『おおパンダ!!』 翠楊社、1972年。 『パンダ』 中央公論社〈自然選書〉、1976年。 R&D・モリス著 『世界動物発見史』 根津真幸訳、平凡社、1988年。 中国パンダ保護研究センター、斉鳴著 『パンダ育児日記』 日本パンダ保護協会編、二見書房、2007年2月25日。ISBN 978-4-576-07001-8等)にて「この時代に中国からジャイアントパンダが贈られた」との表現があるが、詳細は不明である(参考資料:日中パンダ交流史試論TokyoZooNet(財団法人 東京動物園協会)ZooExpress No.125 2003年8月15日

出典

  1. ^ Appendices I, II and III<https://cites.org/eng>(Accessed 13/03/2018)
  2. ^ a b UNEP (2018). Ailuropoda melanoleuca. The Species+ Website. Nairobi, Kenya. Compiled by UNEP-WCMC, Cambridge, UK. Available at: www.speciesplus.net. (Accessed 16/9/2017)
  3. ^ a b c d e f g h i j k Swaisgood, R., Wang, D. & Wei, F. 2016. Ailuropoda melanoleuca. The IUCN Red List of Threatened Species 2016: e.T712A45033386. Downloaded on 13 March 2018.
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 中里竜二 「パンダ科の分類」『世界の動物 分類と飼育2 (食肉目)』今泉吉典監修、東京動物園協会、1991年、67-69頁。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z 小原秀雄 「ジャイアントパンダ」『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ1 ユーラシア、北アメリカ』小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著、講談社2000年、16-18、144頁。
  6. ^ a b c d 高槻成紀 「『タケ食い専科』への道 ジャイアントパンダ」『動物たちの地球 哺乳類I 10 クマ・パンダ・ラッコほか』第8巻 46号、朝日新聞社1992年、298-301頁。
  7. ^ a b c d e f g h i LeeAnn Bies (2002年). “ADW: Ailuropoda melanoleuca: INFORMATION”. Animal Diversity Web. University of Michigan. 2019年1月18日閲覧。
  8. ^ a b c パンダの館”. 上海野生動物園. 2008年10月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月18日閲覧。
  9. ^ a b c d e f g h i j k パンダに関する基礎知識:パンダ館”. 2013年4月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月18日閲覧。[要検証]
  10. ^ a b パンダのコミュニケーション”. 2019年1月18日閲覧。[要検証]
  11. ^ ジョージ・B・シャラー、播文石、胡錦矗、朱靖ほか 『野生のパンダ』 どうぶつ社〈自然誌選書〉、1989年3月。ISBN 978-4-88622-246-6[要ページ番号]
  12. ^ a b THE ANIMALS「ジャイアントパンダ Giant Panda(次のページ)」(2009年8月31日時点のアーカイブ
  13. ^ Q8:ジャイアントパンダはどうして可愛いらしく見えるの?|上野動物園のジャイアントパンダ情報サイト「UENO-PANDA.JP」”. 上野動物園. 2019年1月18日閲覧。
  14. ^ a b c d e f g h パンダ図鑑”. 神戸市立王子動物園. 2019年1月18日閲覧。
  15. ^ a b 遠藤秀紀 「ジャイアントパンダの分類学的位置と形態学的適応」『脊椎動物の多様性と系統』 松井正文、裳華房、2006年、336-337頁。ISBN 4785358300
  16. ^ Hideki Endo, Daishiro Yamagiwa, Yoshihiro Hayashi, Hiroshi Koie, Yoshiki Yamaya, Junpei Kimura, Role of the giant panda's 'pseudo-thumb', Nature, 399, 309-310 (1999)
  17. ^ 遠藤秀紀 『遺体科学の挑戦』 東京大学出版会、2006年9月、209頁。ISBN 978-4-1306-3328-4
  18. ^ a b c THE ANIMALS「ジャイアントパンダ Giant Panda」(2011年11月9日時点のアーカイブ
  19. ^ Giant pandas see in color(英語) Biology News Net 2006年10月15日
  20. ^ パンダ【panda】 Yahoo!辞書(情報元:大辞泉Archived 2013年5月10日, at the Wayback Machine.
  21. ^ panda - Online Etymoligy Dictionary.
  22. ^ 井上純一[中国嫁日記web版 http://blog.livedoor.jp/keumaya-china/archives/51475634.html]
  23. ^ R&D・モリス著 『パンダ 自然選書』 根津真幸訳、中央公論社、1976年1月。ISBN 978-4-12-000620-3
  24. ^ 3月11日はパンダ発見の日(2013年7月30日時点のアーカイブOCN TODAY 2008年3月11日
  25. ^ 【 熊猫 】(2008年5月12日時点のアーカイブ) 中国語学習ノート 2007年2月2日
  26. ^ 「パンダ」はどこからやってきた?(2009年6月20日時点のアーカイブ) 辞引網 2003年5月30日
  27. ^ じゃいあんとぱんだ【ジャイアントパンダ】(百科辞書)(2008年5月8日時点のアーカイブ
  28. ^ a b c d e f g h i パンダについて |WWFジャパン”. WWF. 2019年1月31日閲覧。
  29. ^ Wan, Q.-H., H. Wu, and S.-G. Fang. "A new subspecies of giant panda (Ailuropoda melanoleuca) from Shaanxi", Journal of Mammalogy, Volume 86, 2005, Pages 397-402.
  30. ^ a b c パンダ村「パンダの食べ物」
  31. ^ パンダがヤギを喰らう、中国農村部”. Sputnik日本 (2017年3月4日). 2017年3月4日閲覧。
  32. ^ a b c d e f 佐川義明・中里竜二・田島日出男・神門英夫・野口利夫 「ジャイアントパンダの繁殖」『世界の動物 分類と飼育2 (食肉目)』今泉吉典監修、東京動物園協会、1991年、182-185頁。
  33. ^ “上野のパンダなぜ少子化 “多産”和歌山と異なる理由”. 東スポweb. (2017年6月14日). https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/696690/ 2019年1月31日閲覧。 
  34. ^ GIANT PANDA FAMILY Site | -アドベンチャーワールドで暮らすジャイアントパンダの特設サイトです。 日々の成長写真や動画、ジャイアントパンダの全てがわかります。- パンダの赤ちゃん 名前募集
  35. ^ 8月14日(火)ジャイアントパンダの赤ちゃんが誕生しました わずか75gで生まれ、保育器に入れてスタッフが懸命のサポートを行っています。|トピックス|アドベンチャーワールド”. アドベンチャーワールド. 2019年1月31日閲覧。
  36. ^ 歴代のパンダたち|上野動物園のジャイアントパンダ情報サイト「UENO-PANDA.JP」”. 東京動物園協会. 2019年1月31日閲覧。
  37. ^ 利用案内・情報 ≫ ホットニュース ≫ 2008-05-01 :: 国立科学博物館 National Museum of Nature and Science,Tokyo”. 国立科学博物館. 2019年1月31日閲覧。
  38. ^ ジャイアントパンダ、4月1日から公開します | 東京ズーネット”. 東京動物園協会. 2019年1月31日閲覧。
  39. ^ “米動物園のパンダが高齢出産、6回目で過去最多記録に”. エキサイトニュース. ロイター (エキサイト). (2012年7月31日). オリジナルの2012年8月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120803001656/http://www.excite.co.jp/News/odd/E1343703697343.html 
  40. ^ Panda Cam”. San Diego Zoo. San Diego Zoo Global. 2019年1月31日閲覧。
  41. ^ アデレード市内 みどころスポット南オーストラリア州政府観光局、カンタス航空、2018年12月2日閲覧。
  42. ^ a b c 特集:パンダ貸します ナショナルジオグラフィック日本版 2006年7月号
  43. ^ a b とくダネ!:中国「パンダ外交」に踊る日本 J-CAST 2008年4月30日
  44. ^ a b c なぜパンダはみんな帰ってしまうのですか エキサイトニュース 2005年10月4日
  45. ^ “神戸のパンダ急死、中国側へ4100万円賠償”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2010年10月2日). オリジナルの2010年10月3日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20101003090457/http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20101002-OYT1T00467.htm 
  46. ^ Eats Shoots, Leaves and Much of Zoos' Budgets - The New York Times、 2006年2月12日
  47. ^ a b c d e f g h i 荒木達雄 「中国古文献中のパンダ」『東京大学中国語中国文学室紀要』第9号、東京大学文学部中国語中国文学研究室、2006年、1-22頁。
  48. ^ a b 永戸豊野 「混迷するパンダ救出作戦」『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ1 ユーラシア、北アメリカ』小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著、講談社、2000年、19頁。
  49. ^ ジャイアントパンダ”. 2009年8月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月18日閲覧。[要検証]
  50. ^ “中国で野生のパンダ射殺し肉売買 摘発”. CNN. (2015年5月14日). http://www.cnn.co.jp/world/35064532.html 2015年5月16日閲覧。 
  51. ^ その数1,864頭 ジャイアントパンダの最新の推定個体数 WWFジャパン
  52. ^ 榊原昭二 『昭和語―60年世相史』 朝日新聞社朝日文庫〉、1986年4月20日。ISBN 978-4-02-260370-8[要ページ番号]
  53. ^ 榊原昭二 『'80年代 世相語ガイド〈下〉』 朝日新聞出版〈朝日ブックレット〉、1983年10月。ISBN 978-4-02-268016-7[要ページ番号]
  54. ^ 鷹橋信夫 『昭和世相流行語辞典』 旺文社、1986年11月10日。ISBN 978-4-01-070753-1[要ページ番号]
  55. ^ ガンジーさん。「244.安物の言葉。」 ほぼ日刊イトイ新聞 2001年4月26日
  56. ^ パンダ(ぱんだ) - 日本語俗語辞書”. Lookvise.inc.. 2019年1月31日閲覧。


「ジャイアントパンダ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「客寄せパンダ」の関連用語

客寄せパンダのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



客寄せパンダのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2019 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのジャイアントパンダ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS