味古上とは? わかりやすく解説

味古上(みこがみ・巫女神)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/22 09:48 UTC 版)

大神木神社」の記事における「味古上(みこがみ・巫女神)」の解説

付近地図には「味舌上(マシタカミ)と味舌下」の地名がある。味舌(マシタ)は古くは“ウマシタ”と発音した考えられている。ウマシとは“良い”を意味し、タは“田”を表す。総じて良い田”という意味らしい。しかしこの地名には疑問が残る。元々一つだった味舌を江戸時代味舌藩廃藩したあと上下に区分けしたとされるが、近隣須佐之男神社の由書きには『聖武天皇天平年間729~749)に僧行基諸国行脚途中で味舌上村金剛院真言宗)を建立し寺の鎮守神として「午頭天王」を祀ったのが起源』とある。聖武天皇御代に味舌上村存在したことになり味舌上村成立時期が矛盾する。味舌地域平安時代藤原氏荘園置かれており、味古上だった地名藤原氏が味舌上に改名したと思われる。これは地名から藤原氏社領簒奪した事実を隠すためである須佐之男神社の由書き改竄されたのであろう淀川北岸において区分けされ地名を見ると「岸辺北,岸辺中,岸辺南」,「唐崎北唐崎中唐崎南」あるいは「高浜南高浜」と方角がつく。「鳥飼上鳥飼中鳥飼下」と上下付けた地名もあるが、これは更に時代下が新しく陸地となった場所だ。岸辺唐崎高浜同時代区分けされながら「上」が付くのは、元々この辺りに味古上(みこがみ・巫女神)と呼ばれて地域存在したからである巫女とは神に奉仕する女性をいう。伊邪那美神伊邪岐神との夫婦神であり巫女神の名には相応しくない様に思える一方豊受大神天照大神給仕司る食津神であり巫女神の名に相応し様に感じる。巫女神とは豊受大神差したものであろう則ち姫宮とは伊勢遷宮途上この地在っ仮宮だと判る

※この「味古上(みこがみ・巫女神)」の解説は、「大神木神社」の解説の一部です。
「味古上(みこがみ・巫女神)」を含む「大神木神社」の記事については、「大神木神社」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「味古上」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「味古上」の関連用語

味古上のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



味古上のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの大神木神社 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS