右小弁とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 右小弁の意味・解説 

弁官

(右小弁 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/03 13:37 UTC 版)

弁官(べんかん、辨官)は、朝廷の最高機関、太政官の職である左大弁(さだいべん)・右大弁(うだいべん)・左中弁(さちゅうべん)・右中弁(うちゅうべん)・左少弁(さしょうべん)・右少弁(うしょうべん)の総称である。唐名(漢風名称)は尚書。通説においては四等官の中の判官(じょう)に相当するが、異説として弁官を含めた弁官局を太政官の別局として捉え、元は本来の四等官の系列には含まない品官であったする説もある[1]。また、『延喜式』においても、季禄時服馬料要劇料などの給与の支給手続やそのために必要な上日の集計・考文の送付などが太政官とは別個に行われ、人事・財政体系における太政官からの独立性が確認できる[2]


  1. ^ 森田悌、『日本古代律令法史の研究』第二部第一章第二節 太政官制と政務手続、文献出版、1986年
  2. ^ 大隅清陽、『律令官制と礼秩序の研究』第一部第一章 弁官の変質と律令太政官制、吉川弘文館2011年
  3. ^ 佐藤進一、『日本の中世国家』第一章第二節 官司請負制、岩波書店1983年
  4. ^ 有富純也、『日本古代国家と支配理念』第一部第二章 神祇官の特質、東京大学出版会2009年
  5. ^ 平安時代中期の源昇のように左中弁在任中に参議に任ぜられるも、左中弁を元の如く兼帯し続けた例もある(『公卿補任』)。
  6. ^ 『公卿補任』
  7. ^ 『近衛府補任』(続群書類従完成会)
  8. ^ 『公卿補任』
  9. ^ 井原今朝男、『室町期廷臣社会論』第一部第三章 廷臣公家の職掌と禁裏小番制、塙書房、2014年


「弁官」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「右小弁」の関連用語

1
6% |||||

右小弁のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



右小弁のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの弁官 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS