加藤肩伍とは?

Weblio 辞書 > 人名 > 地図測量人名事典 > 加藤肩伍の意味・解説 

加藤肩伍(かとうけんご? 1762-1822)

 松前藩医、「松前地図」の作製者。
 加藤肩伍は昌平黌に学んで、ロシア語フランス語興味を持っていた。寛政4(1792)年9月 ロシアの陸軍中尉アダムス・ラクスマンは、天明2年(1782)に伊勢から江戸への航海中に遭難し、ロシアにあった大黒屋光大夫らを帰還させる目的で、帆船エカテリーナ」でネモロ(根室)に来航した。 その際、加藤肩伍と鈴木松前藩応接役として対応した。
 ラクスマン根室滞在中、加藤らは同一行が所持していた世界地図筆写し、とくに加藤ロシア人からロシア語指導を受けた。そして、同地滞在中には魯西亜実記」もまとめた。
 
 寛政8年8月 海軍士官ロバート・ブロートン(1762-1821)を艦長とするイギリスプロヴィデンス号が蝦夷地来航し、蝦夷地周辺測量しながら奥羽南部まで南下した。その後絵鞆(室蘭)に投錨した際に、松前藩から経験を買われた加藤肩吾、そして高橋壮四郎・工藤右衛門らが現地派遣された。そのとき日本側からラクスマン世界地図模写図を、英国側からはジエームス・クックの世界地図相互交換した。ブロートンには、「松前図」の筆写許した。日本周辺測量続けブロートンは、寛政9(1797)年7月 再び絵鞆に入港した。そのとき加藤肩吾とブロートンとは国禁犯し地図交換したが、加藤はその事実口外ないようブロートン求めたのだという。
 その後加藤は、ブロートンとの内通を疑われ、嫌疑晴らすため上府することになる。しかし、彼のロシア対す知見地図知識逆に認められて、林大学頭手附き(外交顧問)として出仕することになる。
 それ以前加藤は、木版図「松前地図」(1804-1818年ころ)を作製しており、同図は松前藩の公式図として長く使われた。
画像
加藤肩吾蝦夷図1791ころ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

加藤肩伍のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



加藤肩伍のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
おもしろ地図と測量のページおもしろ地図と測量のページ
copyright (c) オフィス 地図豆 All right reserved.

©2020 Weblio RSS