ディエヴトゥリーバとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > ディエヴトゥリーバの意味・解説 

ディエヴトゥリーバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/16 18:22 UTC 版)

ディエヴトゥリーバ (ラトビア語: Dievturība) は、13世紀にキリスト教化される以前のラトビア人民間信仰を復活させ継続していると主張している民族宗教もしくはネオペイガニズム運動。信者はディエヴトゥリ(ラトビア語: Dievturi :ディエヴトゥリス Dievturis)と自称する。これは「ディエヴスを守る者たち」、「ディエヴスと調和して暮らす人々」を意味する。この運動は、主にラトビアの民間伝承民謡 (ダイナス)、ラトビア神話を基礎としている。






「ディエヴトゥリーバ」の続きの解説一覧

ディエヴトゥリーバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/26 13:02 UTC 版)

バルト・ネオペイガニズム」の記事における「ディエヴトゥリーバ」の解説

ディエヴトゥリ (ラトビア語: Dievturi「神を守る者たち」の意)はラトビア人復興宗教であり、ラトビアの他カナダアメリカラトビア人コミュニティにも信者がいる。宗教学的には一元論を軸とし、バルト神話英語版)に登場する神々や自然はそれぞれすべてデウス(神)の発現であるとしている。デウス超越的な現実の泉であり、物質エネルギー基盤であり、宇宙規定する法である。 この復興運動は、1925年にエルネスツ・ブラステンチュが『ラトビアデウス性の復活』と題した書籍出版したことに始まる。ラトビアソ連併合されたのちデウトゥリ運動抑圧されたが、亡命者中心として存続した。1990年代以降ラトビア逆輸入され信者増やし2011年時点で公式なメンバーは663人となった2017年聖所としてロクステネス・ディエブトゥル・スヴェートニーツァが建設された。

※この「ディエヴトゥリーバ」の解説は、「バルト・ネオペイガニズム」の解説の一部です。
「ディエヴトゥリーバ」を含む「バルト・ネオペイガニズム」の記事については、「バルト・ネオペイガニズム」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ディエヴトゥリーバ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ディエヴトゥリーバ」の関連用語

ディエヴトゥリーバのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ディエヴトゥリーバのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのディエヴトゥリーバ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのバルト・ネオペイガニズム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS