ゆいまーるとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 方言 > 沖縄大百科 > ゆいまーるの意味・解説 

ユイマール

読み方:ゆいまーる

「ゐーまーる」ともいう。ユイ(結い協働)+マール(順番)の意で、順番に労力交換行なうこと、相互補助訳される。おもに農家畑仕事についていうが、転じて他の仕事についてもいうようになった

(ゆいまーる から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/01 01:21 UTC 版)

(ゆい)とは、主に小さな集落自治単位における共同作業の制度である。一人で行うには多大な費用と期間、そして労力が必要な作業を、集落の住民総出で助け合い、協力し合う相互扶助の精神で成り立っている。


  1. ^ もやい(催合)(もやい)とは - コトバンク
  2. ^ 催合(もやい)とは - コトバンク
  3. ^ a b 和歌森(1979)
  4. ^ 和歌森太郎は、それゆえ、「もやい」よりも「ゆい」が進んだ形態であったとしている。和歌森(1979)
  5. ^ 菊池俊明『白馬岳の百年』p80 山と渓谷社 2005年


「結」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ゆいまーるのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ゆいまーるのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウルマックスウルマックス
©2022 Local Information Agent Co,Ltd
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの結 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS