びるごとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 乗り物 > > 船名 > びるごの意味・解説 

びるご

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/03/08 22:45 UTC 版)

びるご(VIRGO)とは、新東日本フェリーならびに路線の承継を受けた道南自動車フェリー(のち津軽海峡フェリー)が運航していたフェリーである。




「びるご」の続きの解説一覧

びるご(VIRGO、2代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 10:29 UTC 版)

東日本フェリー」の記事における「びるご(VIRGO2代目)」の解説

6,706総トン全長134.6 m、航海速力20ノット旅客定員600名。車両積載数:トラック96台、乗用車20台。三菱重工業下関造船所建造船名の由来は、和名おとめ座にあたる名称(諸説あるが、東日本フェリー公式サイトによると「王ゼウス女神テミス間に生まれた清純女神の名前」となっている)。2007年9月以前室蘭 - 青森航路に就航していたがのちに青函航路復帰道南自動車フェリー譲渡後2014年まで運航

※この「びるご(VIRGO、2代目)」の解説は、「東日本フェリー」の解説の一部です。
「びるご(VIRGO、2代目)」を含む「東日本フェリー」の記事については、「東日本フェリー」の概要を参照ください。


びるご(VIRGO、初代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 10:29 UTC 版)

東日本フェリー」の記事における「びるご(VIRGO初代)」の解説

6,709総トン全長136.58 m、幅21.0 m。 旅客定員712名。車両積載数:トラック104台。内海造船瀬戸田工場建造仙台 - 苫小牧航路に就航。1974年竣工1989年売却

※この「びるご(VIRGO、初代)」の解説は、「東日本フェリー」の解説の一部です。
「びるご(VIRGO、初代)」を含む「東日本フェリー」の記事については、「東日本フェリー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「びるご」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

びるごのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



びるごのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
東日本フェリー東日本フェリー
Copyright 2022 HIGASHI NIHON FERRY CO.,LTD. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのびるご (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの東日本フェリー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS