東日本フェリーとは? わかりやすく解説

東日本フェリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/16 09:08 UTC 版)

東日本フェリー株式会社(ひがしにほんフェリー)は、かつて存在した日本の企業。国内フェリー事業・国際フェリー事業・船舶貸渡業などを営んでいた。本社所在地は、北海道函館市港町3-19-2。


  1. ^ a b 会社紹介 新東日本フェリー株式会社 - 旅客船104号(日本旅客船協会)
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n 「社史 創業より二十年」1986年・東日本フェリー
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg 「東日本フェリー30年史」1995年・東日本フェリー
  4. ^ 北海道大百科事典<下> 「東日本フェリー」 - 北海道新聞社(1981年)
  5. ^ 落成披露やめ300万円を道新福祉基金へ KK蔦井本社 - 北海道新聞1981年6月7日朝刊
  6. ^ a b 直江津〜博多に大型F ハヤシマリン・東日本Fの新会社(内航近海海運速報版 1991年12月12日)
  7. ^ a b c d e f g 船のみどころみせどころ 日本海にヨーロピアンスタイルのフェリーが登場 "れいんぼう べる" 船舶整備公団/九越フェリー(海事総合誌Compass 1996年5月号)
  8. ^ a b タブーの山陰沖(直江津〜博多)に挑戦する東日本Fの計算(内航近海海運1992年2月号)
  9. ^ 出足絶不調の九越フェリー直江津〜博多 消席率は15〜20%(内航近海海運1996年8月号)
  10. ^ デイリー化後も苦戦続く九越フェリー(内航近海海運1997年6月号)
  11. ^ a b 九越フェリー 来月1日から 室蘭 博多週3便 - 北海道新聞1998年8月26日夕刊2面
  12. ^ 東日本フェリー/運営体制見直しで回復傾向 - 日本海事新聞 1998年10月19日
  13. ^ 東日本フェリー●●グループ紹介●● - Internet Archive
  14. ^ 本道-九州初の日本海航路*九越フェリー開設へ - 1994年12月8日 北海道新聞朝刊8面
  15. ^ 本道-九州間の日本海航路実現*来春から*九越フェリー認可で - 1995年4月20日 北海道新聞朝刊4面
  16. ^ 海路 九州と一直線 - 1996年4月10日 北海道新聞朝刊25面
  17. ^ 九越フェリーあすから毎日運航 室蘭-博多の所要時間 丸1日も短縮 貨物輸送増に期待 - 北海道新聞1997年3月16日朝刊道央版27面
  18. ^ 室蘭-直江津-博多 乗り換えなしで快適 長距離フェリー 室蘭港に初便 - 北海道新聞1998年9月3日朝刊1面
  19. ^ 九越フェリー/博多-直江津航路、週6往復から3往復に減便 - 日本海事新聞 1998年9月7日
  20. ^ 九越フェリー/22日から本社移転 - 日本海事新聞 1999年2月10日
  21. ^ a b c d e f 「東日本フェリー会社更生法申請」『茨城新聞』、2003年6月30日付日刊、A版、1面。
  22. ^ a b c d 東日本フェリー(株)一般旅客定期航路事業(フェリー事業)の継承について - 東日本フェリー(Internet Archive)
  23. ^ a b c ツタイ商事再生法申請 負債93億円クワザワ支援へ - 北海道新聞2005年3月15日朝刊
  24. ^ 会社概要 - アイビー・システム
  25. ^ 会社概要 - ツタイ・コンピュータ・サービス(Internet Archive)
  26. ^ 東日本フェリー 道内-青森3航路撤退 11月末までに 高速船売却も[リンク切れ] - 北海道新聞(2008年9月4日)
  27. ^ 室蘭-青森航路の廃止を発表 東日本フェリー[リンク切れ] - 北海道新聞(2008年10月15日)
  28. ^ 函館 - 大間航路 1年継続を正式合意 青森県など支援 1億2千万円上限[リンク切れ] - 北海道新聞(2008年10月15日)
  29. ^ 【プレスリリース】函館〜大間航路の平成22年9月以降のフェリー運航について
  30. ^ a b 合併及び社名変更のお知らせ - 津軽海峡フェリー(Internet Archive)
  31. ^ a b c 市民生活の諸相(コラム)『函館・大間間カーフェリーの就航 「函館市大間町」の出現』(函館市史デジタル版 通説編第4巻第7編 コラム46) - 函館市
  32. ^ a b c d e f 戦後の函館の歩み『フェリーブーム』(函館市史デジタル版 通説編第4巻第6編) - 函館市
  33. ^ 青森県史資料編近現代6 車両の往来ぐんと増 1965年2月1日 東奥日報夕刊 - 青森県史デジタルアーカイブスシステム
  34. ^ 『東日本』が独占へ/本州―北海道フェリー 東奥日報1967年5月12日 - 青森県史デジタルアーカイブスシステム
  35. ^ a b c d e f g h i j 室蘭港の歴史 - 室蘭港
  36. ^ a b c d 戦後の函館の歩み『野辺地航路と七重浜ターミナル基地』(函館市史デジタル版 通説編第4巻第6編) - 函館市
  37. ^ 函館ドックがフェリー航路運営のために設立した子会社。日魯漁業とも提携。
  38. ^ 戸井町史 第七章 交通運輸と通信の沿革 第四節 戸井・大間間のフェリーボート - 函館市地域史料アーカイブ (ADEAC)
  39. ^ a b 東日本フェリー、苫小牧 - 仙台航路休止へ - 苫小牧民報(1999年12月10日)(Internet Archive)
  40. ^ 新室蘭市史第五巻付 室蘭市年表
  41. ^ 北海道と本州を結ぶ海の動脈東日本フェリーの戦略的投資七重浜埠頭完成 - はこだて財界1983年8月号(函館財界問題研究所)
  42. ^ 大洗開設で子会社を合併 東日本F(内航近海海運速報版 1984年10月30日)
  43. ^ 岩内町 教育委員会:文化:歴史詳細>平成2年(1990)
  44. ^ ユニーク構造自慢 新ターミナル完成*東日本フェリー - 1994年4月19日 北海道新聞夕刊10面
  45. ^ a b 東日本フェリーNEWS TOPICS(Internet Archive 2000年11月5日付キャッシュ)
  46. ^ 東日本フェリー 岩内-直江津間*運航再開 当面見送り*貨物減で - 1999年12月10日 北海道新聞朝刊11面
  47. ^ 燃料油価格変動調整金について(ご案内) - 東日本フェリー(Internet Archive)
  48. ^ 東日本フェリーNEWS TOPICS - 東日本フェリー(Internet Archive 2001年12月12日付キャッシュ)
  49. ^ 商船三井フェリーと東日本フェリー/北海道-北関東航路で提携に向け検討。共同配船など視野。フェリーでも協調の動き - 日本海事新聞2002年3月6日
  50. ^ 東日本フェリーNEWS TOPICS - 東日本フェリー(Internet Archive 2002年6月3日付キャッシュ)
  51. ^ 大洗フェリー最後の船出 17年余の歴史に幕 - 室蘭民報 2002年6月2日
  52. ^ 大洗/苫小牧航路 共同配船について - 商船三井フェリー(Internet Archive)
  53. ^ 更生手続き中の東日本フェリー/常石グループが支援 - 日本海事新聞2003年12月4日
  54. ^ 東日本フェリーグループ/大口債権者との調整で更生計画案提出延期 - 日本海事新聞2004年5月25日
  55. ^ 常石グループ/東日本フェリーの支援断念、債権者との債務減免調整つかず - 日本海事新聞2004年7月30日
  56. ^ 事業家管財人選任のお知らせ - 東日本フェリー(Internet Archive)
  57. ^ 「室蘭⇔八戸航路」運航休止のご案内 - 東日本フェリー(Internet Archive)
  58. ^ 簡単インターネット予約について - 東日本フェリー(Internet Archive)
  59. ^ インターネット予約を開設いたしました - 東日本フェリー(Internet Archive)
  60. ^ 長期フェリー初寄港 定期化目指し境港PR - 日本海新聞 2006年9月3日(Internet Archive)
  61. ^ リベラ/金沢・境港に試験寄港。日本海航路の需要拡大へ - 日本海事新聞2006年6月14日
  62. ^ 会社情報 - 東日本フェリー(Internet Archive)
  63. ^ a b c 苫小牧~大洗航路運営の集約化について - 東日本フェリー(Internet Archive)
  64. ^ 苫小牧~八戸航路運営の集約化について - 東日本フェリー(Internet Archive)
  65. ^ ズームアイ ネクスト岩村大樹さん 夢は「世界相手に事業」 - 物流ニッポン 2010年8月26日
  66. ^ ネクスト社長岩村大樹氏 最善尽くし即行動 関西エリア 拠点新設を視野 - 物流ニッポン 2017年1月2日
  67. ^ 年末・年始 運航スケジュールのお知らせ - 東日本フェリー(Internet Archive)
  68. ^ 旅客フェリー 大洗/苫小牧航路の再編について - 商船三井フェリー
  69. ^ 沿革 - 商船三井フェリー
  70. ^ フォト海道「東日本フェリー*「つくば」が室蘭に帰港*航路再開時期は未定」”. 北海道新聞社. 2017年5月15日閲覧。
  71. ^ フォト海道「室蘭港*日本海航路に4月以降就航*「つくば」停泊」”. 北海道新聞社. 2017年5月15日閲覧。
  72. ^ フォト海道「<地域の経済>室蘭*唯一残るフェリー青森航路*高速船導入に期待*青函の効果 関係者注目 」”. 北海道新聞社. 2017年5月15日閲覧。
  73. ^ a b 八戸-室蘭フェリー廃止 大間-函館など維持 - デーリー東北 2007年1月26日(Internet Archive)
  74. ^ a b 日本海航路の再開延期について - 東日本フェリー(Internet Archive)
  75. ^ a b 函館~青森航路就航 高速フェリー 夜間運航ダイヤの運休について - 東日本フェリー(Internet Archive)
  76. ^ エンジン故障でRera一時立ち往生 - 東奥日報(Internet Archive)
  77. ^ 函館~青森航路就航 高速フェリーの運航ダイヤ改正について - 東日本フェリー(Internet Archive)
  78. ^ 函館~青森航路の就航船舶変更のお知らせ - 東日本フェリー(Internet Archive)
  79. ^ 『ナッチャンRera』 & 『ナッチャンWorld』新運航ダイヤ決定! - 東日本フェリー(Internet Archive)
  80. ^ 金沢-釜山に旅客航路 6月初就航、週1往復 - 環日本海経済研究所
  81. ^ 金沢-釜山定期フェリー就航 観光・物流の基盤拡充 - 日本経済新聞2008年6月18日北陸版
  82. ^ 津軽海峡フェリー 2009年2月27日付プレスリリース
  83. ^ 企業情報 グループ沿革 - リベラグループ
  84. ^ a b 国際フェリー航路の休止及び国内フェリー事業撤退について - 東日本フェリー(Internet Archive)
  85. ^ 高速フェリー「ナッチャンRera」「ナッチャンWorld」運休および国内フェリー事業撤退のお知らせ - 東日本フェリー(Internet Archive)
  86. ^ a b 日本海航路 金沢にも寄港*東日本フェリー社長が方針*観光需要にプラス*週1へ減便*業者、打撃も - フォト北海道(北海道新聞社 2007年1月26日)
  87. ^ a b カーフェリー長距離時代へ室蘭、苫小牧-鹿島(茨城)に新航路 大型高速船を建造東日本フェリーが申請46年秋運航見込む - 北海道新聞1969年10月2日朝刊
  88. ^ フェリー開設申請続々 ことしは二航路戸井-大間、函館-野辺地 来年は苫小牧-東京も - 北海道新聞1971年2月6日朝刊5面
  89. ^ 本道と本州を結ぶ初のフェリーボート(自動車専用船)函館ドックで進水 - 北海道新聞1964年1月30日朝刊
  90. ^ 小樽市史第7巻(1993年 小樽市)1106頁


「東日本フェリー」の続きの解説一覧




固有名詞の分類

このページでは「ウィキペディア」から東日本フェリーを検索した結果を表示しています。
Weblioに収録されているすべての辞書から東日本フェリーを検索する場合は、下記のリンクをクリックしてください。
 全ての辞書から東日本フェリーを検索

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

東日本フェリーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



東日本フェリーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの東日本フェリー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS