せっかくとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > せっかくの意味・解説 

せっ‐かく【折角】

【一】[副]

いろいろの困難を排して事をするさま。無理をして。苦労して。わざわざ。「折角来くれたんだから、ゆっくりしていきなさい」「折角のみやげを汽車の中置き忘れた」

(「折角の」の形で、体言続けて)滅多に得られない、恵まれ状況を大切に思う気持ちを表す。「折角の休日だから、どこにも出かけたくない」「折角の好機を逃がしてしまった」

全力を傾けて事をするさま。つとめてせいぜい手紙文などで用いる。「先生お言葉忘れずに、折角勉学に励む覚悟です」

【二】[名]

朱雲が五鹿に住む充宗と易を論じて勝ち、時の人朱雲よく鹿の角を折ると評したという「漢書朱雲伝の故事から》骨を折ること。力を尽くすこと。

大小合戦数を知らず中にも—の合戦二十余か度なり」〈古活字本保元・上〉

困難や難儀

難儀—に遭ふ」〈日葡

[用法] せっかく・わざわざ——「せっかく(わざわざ)おいでいただいたのに、留守をして申し訳ありません」のように相通じて用いられる。◇「せっかく」には「せっかくの好意を無駄にする」「せっかくだが断るのような名詞的用法もある。また、ある行為が行われたのに期待した結果の得られないことを惜し気持ちを表して、「せっかく努力したのに不合格だった」「せっかく用意したのだから、食べていけばよいのに」などと使う。ほかに「せっかくご努力願いたい」のような、やや古い言い方がある。◇「わざわざ」は「わざわざ迎えに行く」「わざわざ持って来る」など、ついでではなくそのことだけのために動作を行う意を表す。


せっ‐かく〔セキクワク〕【石×槨】

石でつくった、を入れる外箱日本では古墳時代にみられる。


せっ‐かく【接角】

平面上において2本の直線一点で交わるとき、中線と各外線との間に形づくられるそれぞれの角。切角


せっ‐かく〔セキクワク〕【×蠖】


せっ‐かく〔セキ‐〕【刺客】

⇒しかく(刺客)


せっ‐かく【雪客】

(さぎ)の別名。


せっ‐かく〔セキ‐〕【石核】

石器をつくるとき、剝片(はくへん)をはぎとった残り(しん)の部分コア


せっ‐かく セキ‥ 【刺客】

〔名〕 =しかく(刺客)

史記抄(1477)一一刺(し)客とも刺(セキ)客ともよむものぞ。をそろしい人にたのまれて人を殺つなんどするものぞ」

食堂(1910)〈森鴎外〉「刺客(セキカク)になっても、人を殺しても、なんの為めに殺すなんといふ理窟いらないのだ」

[補注]「せき」「し」ともに「刺」の漢音


せっ‐かく セキクヮク 【尺蠖】

〔名〕 「しゃくとりむし尺取虫)」の漢名。〔色葉字類抄(1177‐81)〕 〔説苑君道


せっ‐かく【折角】

1 〔名〕

角(つの)を折ること。〔易‐坤卦・豊〕

物のかどを折ること。

プリズムなどにより光の角度変えること。

米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「三稜の玻瓈鏡にて、日光の折角により、七色の彩暈をなすことなどを示せり」

④ (昔、中国で、朱雲が五鹿の人充宗と易を論じて勝ち、時の人が評して、朱雲の強力、よく鹿の角を折ったとしゃれたという「漢書朱雲伝」に見え故事から) 高慢の鼻へし折ること。慢心打ちくだくこと。

三代実録仁和二年(886)五月二八日「天皇両人。令経義。氏主執礼。種継挙伝。難撃往復。遂無折角」〔周邦彦‐汴都賦〕

(5) 力を尽くすこと。骨を折ること。

保元(1220頃か)上「九国者どもしたがへ候に付て、大小合戦数をしらず。中にも折角の合戦、廿余ケ度なり」

(6)形動) 困難、難儀にあうさま。また、その困難、難儀

古文真宝抄(1525)一〇「これみな孔子の節角に逢れたことども也」

(7) 大事なこと気をつけなければならないこと。

風姿花伝140002頃)七「三日中に殊にせっかくの日と覚しからん時」

2 〔副〕

① (後漢郭泰外出中ににあい、頭巾のかどが折れてしまったが、郭泰人々に慕われていた人気の高い人物だったので、みながわざわざ頭巾のかどを折ってそのまねをした、という「後漢書郭泰伝」に見え故事から) 努力して動作をするさまを表わす語。苦心して。骨を折って。つとめて。わざわざ。とりわけ

実隆公記享祿四年(1531)閏五月二三二八紙背宗碩書状)「無興の様候間、いかやうにもと折角養性仕候」

② その動作結果生じた状態をのがすのは惜しいという話者気持表わす語。

滑稽本浮世風呂(1809‐13)前「折角(セッカク)内に仕事をして居る者をば、釣出し来てなりません」

③ (「せっかくの」の形で、体言修飾して) それが十分な効果発揮なくては惜しいという気持表わす語。

歌舞伎お染久松色読販(1813)序幕「折角のお心ざしだ、お貰ひ申て置ませうかへ」

④ 十分に気をつけるよう望む気持表わす語。

咄本当世手打笑(1681)二「御はれ物平愈(へいゆう)なされ候哉。せっかく快気をえらるべく候


せっ‐かく【接角】

〔名〕 平面上の二つの角が頂点一辺とを共有し、その内部が共通点をもたないときの、一方の角の他方の角に対する称。〔工学字彙(1886)〕


せっ‐かく セキクヮク 【石槨・石椁】

〔名〕 石で築いてつくった、納める室。自然石を積みあげ、または、切石組み合わせてつくった、屍体をおさめる古墳内部施設石室(せきしつ)。

続日本後紀承和九年(842)七月丁未「故桓司馬之石槨不速朽」〔荘子‐則陽〕


せっ‐かく【雪客】

〔名〕 「さぎ()」の異名。〔元和下学集(1617)〕 〔図書見聞誌‐巻六・五客図〕



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「せっかく」の関連用語

せっかくのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



せっかくのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS