骨盤とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > > 骨盤 > 骨盤の意味・解説 

こつ ばん [0] 【骨盤】

身体の腰部形成する左右寛骨仙骨尾骨に囲まれた骨部分。分界線により大骨盤小骨盤分かれ一般に後者をいう。小骨盤膀胱生殖器直腸を入れて保護し,分娩にも深く関係する。女性の方が広く浅い。


骨盤

英訳・(英)同義/類義語:pelvis

脊椎動物骨格で、脊椎下肢連結する腰の部分形成する盤状の複合的な骨。
「生物学用語辞典」の他の用語
個体の器官や組織など:  骨幹  骨格  骨格筋  骨盤  骨端  骨組織  骨膜

骨盤

読み方こつばん
【英】:Pelvis

骨盤を形づくる骨は左右寛骨とされらの間にある仙骨ならびに尾骨とである。寛骨腸骨坐骨および恥骨の3個の骨が合して1つの骨となったもので、胎生期から少年期までは軟骨によって結合されているが、1617才頃に骨化して完全にくっつく(骨結合)。これら3つの骨がY字型に合するところは股関節関節窩に相当し、寛骨臼といわれ、臼のような形に凹んでいる。仙骨は5個の仙椎癒合して1つの骨なったものであり、また尾骨も3~6個の小さ尾椎くっついて1つの骨になったものである。さて、左右寛骨は前の方では線維軟骨によって結合線維軟骨結合)されており、恥骨結合よばれる後ろの方では寛骨状面と仙骨の同じ名の面とが仙骨関節によって結合される。

仙腸関節関節という名がついているけれども、向かい合う関節面の形や大きさがほぼ同じで、そのうえ関節包は狭く、且つ4つの短いが、強い仙腸靱帯より結びつけれているので、ほとんど動かない(半関節)。

骨盤は大骨盤小骨盤とに区分され、その界には分界線がある。分界線は岬角(第5腰椎仙骨結合するところで、前下にとびだしている)、腸骨弓状線、恥骨櫛および恥骨結合の上縁を結ぶ線の事で、その囲む面は平面に近い。

大骨盤広く、浅い鉢のような容器で、腹腔下部に位し、腹部内臓容れる外側には腸骨翼があり、後ろには仙骨の上端があるが、そのほかに第4、5腰椎腸骨稜との間に張る腸腰靱帯もまた後壁をなす。しかし前は開放されている。また上前腸骨恥骨結節との間には鼡径靱帯があり、これと腸骨前縁との間を腸腰筋血管が通る。小骨盤は短い円筒状で、骨盤腔中に骨盤内臓容れる。ふつう骨盤といえば小骨盤狭義の骨盤)だけをさすが、大骨盤を含めた広義の骨盤は骨格の中でも性差の最もはっきりした部分で、産科学重要視される。

小骨盤の前壁は恥骨両側壁は坐骨腸骨一部でつくられる。前外側壁には閉鎖孔があり、閉鎖孔のところだけを残して閉鎖膜が張っており、筋のつき場所となる。後壁仙骨尾骨でつくられるが、大部分は骨のないところで、ほぼ縦に走る仙結節靱帯と、その前でこれと交叉するように横に張る仙棘靱帯両者がここを補っている。大と小の坐骨切痕仙結節靱帯によりそれぞれ大と小の坐骨孔にわけられる。そして大坐骨孔梨状筋仙骨前面から起こり大転子につく)が骨盤の外へ出る通路をなし、またこの孔の中で梨状筋より上の部分梨状筋上孔といい、上臀神経同名血管が通る。下の部分梨状筋下孔といい、坐骨神経下臀神経同名血管陰部神経同名血管が通る。また小坐骨孔内閉鎖筋骨盤の内面)で、閉鎖膜とそのまわりから起こり大転子につく)の腱が骨盤の外へ出る通路をなす。

小骨盤入口分界線によって囲まれ、小骨盤出口坐骨結節恥骨下縁および尾骨下端を結ぶ凸凹の線によって境される。なお骨盤の入口出口前後径の各中点を通る前に向かって凹な曲線骨盤軸といい、分娩のとき胎児の頭が通る道(産道)の軸をなす。恥骨結合下部恥骨価格といわれ、男では角度が急であり、女では角度鈍く弓状をなすので、恥骨弓呼ばれる骨盤の出口をふさぐ軟部組織として前上に尿生殖隔膜と深会陰横筋がある。これらを男では尿道、女では尿道と膣が貫く。また後ろ下には肛門拳筋があり、内閉鎖筋筋膜一部(腱弓といわれ、特に丈夫になっている部分)から起こり漏斗上に肛門に付く。骨盤は全身骨格のなかで性差の最もはっきりした部分で、特に目立つのは小骨盤腔(狭義骨盤腔)が女では男よりもひろく、たけが低いことであるこれは分娩ということ考えれば当然である。

Pelvisギリシャ語のpelisに由来するラテン語で、ローマ時代には縁がややめくれた広口の深い容器を意味した。骨盤のことをpelvisというようになったのは16世紀の末である。

臨床骨盤の分類として骨盤上口はとくに女性において分娩進行形と関係があるので、臨床的に重要である。女性骨盤は、形状によって、次の基本型分けられている(コールドウェルモロイ分類Caldwell-Moloy classification)。しかし、実際に混合型もあって、明らかに分類出来ない場合も多い。①女性型骨盤gynecoid pelvis女性骨盤の特徴をもつ代表的なもので、上口形状円いが、横径は前後径より若干大きい。恥骨下角鈍角である。約40%。②男性型骨盤android pelvis上口ハート形骨盤腔漏斗状で男性骨盤に似ている1530%。③類人猿縦長)型骨盤anthropoid pelvis上口前後径が横径より大きく前後方向長軸をもつ楕円ないし卵円形呈する骨盤腔は深い漏斗状、恥骨下角小さく鋭角近づく2040%。④扁平型骨盤platypelloid (flat) pelvis上口の横径はほぼ正常であるが、前後径は比較小さい。約2%

A02502001a.jpg (29722 バイト)

A02502001b.jpg (25358 バイト)

A02502001c.jpg (22288 バイト)

A02502001d.jpg (22788 バイト)

A02502001e.jpg (31766 バイト)

A02502001f.jpg (14733 バイト)


骨盤

【仮名】こつばん
原文pelvis

下腹部のことで、左右寛骨腰骨)の間に位置する。

骨盤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/21 13:28 UTC 版)

骨盤(こつばん、pelvis)は大腿骨脊柱の間で体を支える、強固に一体化した一群のの解剖学的名称である。




「骨盤」の続きの解説一覧





骨盤と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

骨盤に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「骨盤」の関連用語

骨盤のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

篩骨

胸椎

尾骨

仙骨

側頭骨

脛骨

後頭骨

前頭骨





骨盤のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JabionJabion
Copyright (C) 2016 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
船戸和弥のホームページ船戸和弥のホームページ
Copyright (C) 2016 船戸和弥のホームページ All rights reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2016 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの骨盤 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS