興福寺とは?

こうふく じ 【興福寺】

奈良市にある法相宗大本山南都七大寺の一。藤原鎌足遺志に従い夫人女王かがみのおおきみが建てた山階やましな寺に始まり,のち飛鳥移し厩坂(うまやさか)寺と称し,さらに平城京遷都とともに現在地移転し興福寺と改称藤原氏氏寺として権勢ふるった僧徒延暦寺山法師に対して奈良法師としておそれられた。鎌倉室町時代大和国守護東金堂・五重塔などのほか多く文化財蔵する

こうふくじ 【興福寺】

コウブクジとも。①奈良市登大路町にある法相宗大本山。六六九(天智天皇八)年藤原鎌足の室鏡女王が、鎌足遺志山城京都山階山階寺を建てたのが始まり。のち飛鳥に移って厩坂寺といい、七一〇(和銅三)年鎌足の子不比等が現地移し現名にした。南都奈良七大寺一つ。②長崎市寺町にある黄檗宗の寺。東明山。俗称南京寺。明の帰化人別宅を寺にし、のち隠元再興。→ 法相宗 隠元

興福寺

読み方:コウフクジ(koufukuji)

宗派 曹洞宗

所在 宮城県気仙沼市

本尊 釈迦如来


興福寺

読み方:コウフクジ(koufukuji)

宗派 真言宗智山派

所在 宮城県栗原郡志波姫町

本尊 金剛界大日如来


興福寺

読み方:コウフクジ(koufukuji)

正称 大楽院

宗派 真言宗豊山派

所在 福島県双葉郡楢葉町

本尊 薬師如来


興福寺

読み方:コウフクジ(koufukuji)

宗派 曹洞宗

所在 栃木県佐野市

本尊 阿弥陀如来釈迦如来


興福寺

読み方:コウフクジ(koufukuji)

宗派 臨済宗妙心寺派

所在 静岡県浜松市

本尊 虚空蔵菩薩


興福寺

読み方:コウフクジ(koufukuji)

別名 五智如来

宗派 臨済宗永源寺派

所在 滋賀県八日市市

本尊 大日如来薬師如来宝生如来阿弥陀如来釈迦如来


興福寺

読み方:コウフクジ(koufukuji)

別名 大本山南都七大寺

宗派 法相宗

所在 奈良県奈良市

本尊 釈迦如来薬師如来不空羂索観世音菩薩弥勒菩薩


興福寺

読み方:コウフクジ(koufukuji)

別名 南京

宗派 黄檗宗

所在 長崎県長崎市

本尊 釈迦如来准胝観世音菩薩地蔵菩薩

寺院名辞典では1989年7月時点の情報を掲載しています。

興福寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/19 00:25 UTC 版)

地理院地図 Googleマップ 興福寺




注釈

  1. ^ なお、唐において「弘福寺」が「興福寺」と改名された事例があるとして、通説では平城遷都後も飛鳥に留まったとされる川原寺(弘福寺)を移転・継承する意図も含まれていたとする説もある[1]
  2. ^ 室町時代になると、十市氏を刀禰とする長谷川党、箸尾氏を刀禰とする長川党、筒井氏を刀禰とする戌亥脇党、楢原氏を中心とした南党、越智氏を中心とした散在党、平田党の六党が割拠し、その中でも筒井氏、越智氏、箸尾氏、十市氏の四氏が「大和四家」と呼ばれる勢力に成長していった。
  3. ^ 信円は松殿家の始祖となった松殿基房の同母弟で、近衛家の始祖となった近衛基実と九条家の始祖となった九条兼実の異母弟にあたる。彼は奈良僧正と呼ばれ、後白河法皇、兄の松殿基房、それに九条兼実といった院や摂関家の有力者との関わりが深かったことが玉葉などの記述に見える。
  4. ^ これら3体の写真は、『週刊朝日百科 日本の国宝 55 興福寺1』の5-141頁および5-143頁にある。
  5. ^ 食堂は明治の廃仏毀釈により取り壊されその跡地に国宝館が建っている。
  6. ^ 当初指定時(1956年)は「9巻」。1999年に巻四が追加指定され「10巻」となった。(平成11年6月7日文部省告示第139号)
  7. ^ 文化庁サイトの「国指定文化財等データベース」に「紺紙金字唯識論」とあるのは誤りで、「紺紙金字成唯識論」が正当。

出典

  1. ^ 加藤優「興福寺と伝戒師招請」関晃先生古希記念会編『律令国家の構造』、吉川弘文館、1989年
  2. ^ 磯貝誠「廃仏毀釈と興福寺」『興福寺 美術史研究の歩み』所収、p.39 - 44
  3. ^ 田中慶治「室町期大和国の守護に関する一考察 -幕府発給文書を中心に-」(初出:矢田俊文 編『戦国期の権力と文書』(高志書院、2004年) ISBN 978-4-906641-80-2/所収:田中『中世後期畿内近国の権力構造』(清文堂、2013年) ISBN 978-4-7924-0978-4
  4. ^ 山本勉「興福寺本坊持仏堂弥勒菩薩立像(伝聖観音菩薩像)について」『Museum』553号(1998年4月)


「興福寺」の続きの解説一覧





興福寺と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

興福寺に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「興福寺」の関連用語

興福寺のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

フロントポンプ型

結婚祝い

サルナシ

ダマスカス鋼

地方自治法施行60周年記念 香川県分 1,000円銀貨幣

フォールディングナイフ

角島灯台

カイツブリ





興福寺のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2016 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの興福寺 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS