仏像構造線とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 仏像構造線の意味・解説 

仏像構造線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/06 08:05 UTC 版)

仏像構造線(ぶつぞうこうぞうせん、Butsuzo Tectonic Line)は、日本の南西部において北東から南西の方向に連なる断層である。1931年、小林貞一高知県土佐市西部にある地名「仏像」にちなんで仏像-糸川構造線と命名し、後に仏像線あるいは仏像構造線と呼ばれるようになった。地質学においてはしばしばBTLと略記される。




[ヘルプ]
  1. ^ 木村敏雄ほか 『日本の地質』 東京大学出版会、1993年、ISBN 4-13-060703-0
  2. ^ 松本達郎ほか 『日本地方地質誌 九州地方』 朝倉書店、1973年


「仏像構造線」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「仏像構造線」の関連用語

1
38% |||||

2
16% |||||

3
14% |||||

4
14% |||||

5
14% |||||

6
14% |||||

7
14% |||||


9
10% |||||

10
10% |||||

仏像構造線のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ヒナコウモリ

ホリミノウミウシ属の仲間5

フェタ

搾乳

MC-R700

リベット

栄昌猪

ヴァンガード





仏像構造線のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの仏像構造線 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS