仏像構造線とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 仏像構造線の意味・解説 

仏像構造線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/06 08:05 UTC 版)

仏像構造線(ぶつぞうこうぞうせん、Butsuzo Tectonic Line)は、日本の南西部において北東から南西の方向に連なる断層である。1931年、小林貞一高知県土佐市西部にある地名「仏像」にちなんで仏像-糸川構造線と命名し、後に仏像線あるいは仏像構造線と呼ばれるようになった。地質学においてはしばしばBTLと略記される。




[ヘルプ]
  1. ^ 木村敏雄ほか 『日本の地質』 東京大学出版会、1993年、ISBN 4-13-060703-0
  2. ^ 松本達郎ほか 『日本地方地質誌 九州地方』 朝倉書店、1973年


「仏像構造線」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「仏像構造線」の関連用語

1
38% |||||

2
16% |||||

3
14% |||||

4
14% |||||

5
14% |||||

6
14% |||||

7
14% |||||


9
10% |||||

10
10% |||||

仏像構造線のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ED141

FOMA N906iμ

シャンボール城

マミジロタヒバリ

高度道路交通システム

三河湾国定公園

藤尾の磨崖仏

バナナハンガー





仏像構造線のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの仏像構造線 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS